栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

ベーキングパウダーの特徴とおすすめレシピ、食品成分表

ベーキングパウダーとは、ケーキなどのスポンジをふくらませるときに用いる膨らし粉のことをいいます。ただし、同じ膨らし粉でも、薬品としての重曹は食用には向かないため、代用品としてはベーキングソーダと呼ばれる食用の重曹が適しています。

ベーキングパウダーの特徴

ベーキングパウダーとは、ケーキなどのスポンジをふくらませるときに用いる膨らし粉のことをいいます。カロリーが高めのため、摂りすぎには注意が必要です。

同じ膨らし粉でも、薬品としての重曹は食用には向かないため、代用品としてはベーキングソーダと呼ばれる食用の重曹が適しています。ドライイーストも生地をふくらませるための粉ですが、こちらはパンやピザ生地向けです。

ベーキングパウダーに含まれるアルミニウムが体に悪影響を及ぼすと考えられていますが、アルミの摂取基準値を超えてもすぐに影響が出ることはなく、脳神経系障害との関連性は見られないとの報告もあります。どうしても気になる場合は、アルミフリーのベーキングパウダーを使用するのがおすすめです。

[スポンサーリンク]

ベーキングパウダーの人気&簡単レシピ

かぼちゃのマフィン

マーガリンは室温に戻さなくても大丈夫。冷蔵庫から出した直後でも、ホイッパーで練れば簡単にクリーム状になります。焼成は各オーブンにより差があるので必ず様子を見ながら。底面5cmのアルミプリン型にグラシンペーパーを敷いて焼きました。

551風 肉まん

パンのようにしっかりとした発酵は不要。綴じ目に具が付くと皮が綴じなくなるので入れ過ぎないように気をつけて。しっかり綴じないと蒸しているときに開いてきちゃいます。

基本のベーキングパウダー パン生地

粉によって水分量が違うので、水は様子を見ながら少しずつ入れてください。かなり甘さ控えめなので、プレーンで食べるなら好みではちみつなどをかけて♪

パウンドケーキ

牛乳は必ず手順3で入れてください。粉を先に入れてしまうとダマになりやすいです。砂糖の量は自宅用なら50〜60g、贈り物には70〜80gが目安。甘党の方は100gで!

スフレパンケーキ

ポイントは何と言っても、卵白をしっかりと泡立てること。フライパンに生地を乗せるとき、平らにせずこんもりと。レモン汁は入れすぎるとメレンゲの泡が粗くなってしまうので気をつけてくださいね。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
623 views