栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

豆板醤の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

豆板醤には、カプサンチンやカプサイシン、β-カロテン、亜鉛、鉄、カリウム、ナトリウムが多く含まれています。
その栄養効果として、健胃、疲労回復、血行促進効果などが期待できます。

豆板醤の効能

豆板醤はソラマメを麹や塩とともに発酵及び熟成させた味噌で、古くから四川料理に用いられています。日本では多くの場合、豆板醤に赤唐辛子を加えた豆板辣醤が豆板醤を意味していますが、豆板辣醤の中国における食用歴史はそれほど古くありません。
豆板醤の故郷・四川省ピーシェンの豆板醤

豆板醤の種類には、寒作里(かんずり)やコチュジャンがあります。前者は、塩や米麹とともに赤唐辛子を発酵・熟成させたもので、新潟などの寒い地域で見られます。冬の寒い頃に仕込んでいたことが名前の由来とされています。後者は赤唐辛子に米や米麹を加えて発酵・熟成させたもので、味は辛く、韓国料理に用いられています。

豆板醤には、脂質代謝・疲労回復・健胃・風邪予防に役立つカプサイシンや、抗酸化作用によってがんを防ぐのに有効とされるカプサンチンをはじめ、β-カロテン、亜鉛、鉄、カリウム、ナトリウムなどが豊富に含まれています。

[スポンサーリンク]

豆板醤の人気&簡単レシピ

鶏ささみとニラのピリ辛豆板醤炒め

お肉を両面焼くときは、弱火〜やや中火位の火加減にしてください。ニラを加えてからは強火と手早さがポイント!豆板醤は炒めることで風味が増します。

胡瓜豆板醤あえ

大好きな豆板醤とごま油で、たくさん貰ったキュウリを消費!豆板醤の量はお好みで。醤油や味の素は省いても十分美味しいですよ。

豚肉ともやしの味噌豆板醤炒め

もやしをシャキシャキに仕上げるコツは、よく熱したフライパンで強火でパパッと炒めること。手早さが肝心です。

きゅうりの豆板醤漬け

スーパーで安かったキュウリをおいしく!砂糖や白ごまを入れるとコクや風味がアップ♪豆板醤の量は好みで調節してください。

豆板醤で味噌チゲスープ

辛いものは苦手なのに、体が疲れたときに無性に食べたくて…。冷蔵庫に余りがちな豆板醤の消費にもおすすめです。

四川豆板醤 500g(ユウキ)

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
648 views