栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

ふのり(布海苔)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

ふのりには、ビタミンやナイアシン、パントテン酸、葉酸、カルシウム、リン、カリウム、β-カロテン、フノランが含まれています。
その栄養効果として、新陳代謝促進、皮膚・粘膜の健康維持、生活習慣病予防、コレステロールの減少などが期待できます。

ふのりの効能

ふのりはフノリ科フノリ属の紅藻で、ビタミン・ミネラルをバランスよく含んでいます。主に、天日乾燥後に水に浸して戻したものが刺身のツマ、酢の物、吸い物の具などに利用されます。
ふのりには、次のような栄養素が多く含まれています。

ビタミンB1

糖質の代謝を助けてエネルギーを作り出し、疲労回復に役立ちます。

ビタミンB2

細胞の新陳代謝を促進し、皮膚や粘膜の機能維持や成長に役立ちます。

ナイアシン・ビタミンB6

皮膚や粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせたりします。

パントテン酸

動脈硬化を予防し、ストレスをやわらげる働きがあります。

葉酸

貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや新しい赤血球を作り出すために欠かせないビタミンです。

ビタミンE

抗酸化作用によって活性酸素の発生や酸化を抑え、動脈硬化や皮膚・血管の老化を防いで免疫力を高めます。

カルシウム・リン・マグネシウム

骨・歯の構成に必要なミネラルです。

カリウム

利尿作用があるほか、疲労回復や高血圧予防に役立ちます。

β-カロテン

強い抗酸化作用によって活性酸素の発生や酸化を抑え、ダメージを受けた細胞を修復するほか、動脈硬化やがんの発生を予防します。

フノラン

水溶性食物繊維でふのりに含まれるぬめり成分です。腸内環境を整えて便秘を予防し、肥満解消に役立つほか、コレステロールや中性脂肪を減らして高血圧や動脈硬化を防ぎます。さらに、免疫力強化や抗アレルギー、抗がん作用も期待できます。

[スポンサーリンク]

ふのりの人気&簡単レシピ

ふのりのポン酢マヨネーズあえ

道の駅でを見つけた「ふのり」が、下ごしらえ不要と知り早速購入。こども達も好きなポン酢マヨ味でサラダに♪強い潮の風味が我が家では大人気♪苦手な人はドレッシングでアレンジしてみてください。

長芋とふのりのとろろ焼き

長芋でとろろご飯を作っていたのを焼いてみました♪納豆や紅しょうが入りもおすすめ!いろいろアレンジしてみてくださいね。

ふのりのサラダ

海藻でいろんなサラダを作っているとき、思いついた一品。韓国のりの風味も豊かで、白いご飯が進みます。

ふのりと長いものごま酢和え

お味噌汁以外でもふのりを食べたいと思い、生まれたメニューです。オクラがない場合はキュウリを使うと、ネバネバとは違ったシャキシャキ感がアクセントに♪

ふのりのお味噌汁

ポイントは、ふのりを加えるタイミング。ぐつぐつ煮過ぎるとドロドロになり、汁も少なくなってしまうので、食べる直前に入れてさっと煮たら火を止めてください。

海藻ふのり(熊本県天草産)100g

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1016 views