栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

オヒョウの栄養とレシピ、食品成分表

オヒョウには、DHA/EPAやビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

オヒョウの効能

オヒョウはカレイ目カレイ科オヒョウ属の魚です。クセがない白身魚で、刺身・煮物・焼き物・揚げ物・ムニエルなどさまざまな料理に利用されます。カレイに似ていますが、大きさは1〜2mもあります。
オヒョウには、次のビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。

タンパク質

成長促進、筋肉強化、体力向上、代謝促進に役立つほか、免疫力を高める働きもあります。

ビタミンB1

糖質の代謝を助けてエネルギーを作り出し、疲労回復に役立ちます。

ビタミンB2

皮膚・粘膜の機能維持や成長に役立ちます。

ナイアシン・ビタミンB6

皮膚・粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせる効果があります。

パントテン酸

動脈硬化を予防するほか、ストレスを和らげる働きがあります。

葉酸・ビタミンB12

貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや新しい赤血球の生成に欠かせないビタミンです。

ビタミンE

抗酸化作用によって動脈硬化や皮膚・血管の老化を防ぎ、免疫力を高めます。

カルシウム・リン・マグネシウム

骨・歯の構成に必要なミネラルです。

カリウム

疲労回復や利尿作用、高血圧予防に有効です。

レチノール

美肌づくりに有効であるほか、視力低下を防いだり疲れ目を解消したりする効果もあります。また、粘膜を強化してウイルスの侵入を防ぎ、風邪を予防する働きもあります。

[スポンサーリンク]

オヒョウの人気&簡単レシピ

オヒョウのレモンとワインソース

野菜をオーブンで焼いている間におひょうを調理して時間短縮。レモンをフライパンで焼くと魚に香りが移ります。ほんのり焦げ目が付いたら取り出してください。スプーンでソースをかけながら焼くと味がしみ込みます。

オヒョウの味噌田楽

お酒は高いので、辛口の白ワインを使用。できればぜひ日本酒を使ってください。ごま油をあわせ味噌に混ぜると簡単ですが、後塗りしたほうが風味よく仕上がります。

オヒョウのさっぱり野菜ドレッシング添え

玉ねぎはできるだけ細かいみじん切りにしましょう。レモンを絞ってさっぱりと召し上がれ♪

オヒョウのサラダ風

割烹料理店の定番メニューのアレンジ。仕上げに散らしたナッツがポイント♪鯛などの淡白な白身魚でも作れます。

オヒョウの生ハム巻き

魚の焼き時間はあくまでも目安。他のお魚でもおいしくできます。塩分は生ハムのみなので、お好みで加えてください。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。