栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

河内晩柑(かわちばんかん)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

河内晩柑(かわちばんかん)には、ビタミンCやシネフリン、クエン酸、ペクチンが多く含まれています。
その栄養効果として、風邪予防、浄血作用、整腸作用、疲労回復効果などが期待できます。

河内晩柑の効能

河内晩柑(かわちばんかん)は1920年頃に熊本県飽託郡河内町(現在の熊本市)に住んでいた西村徳三郎氏の敷地に発生した文旦の偶発実生で、1935(昭和10)年に鑢一馬氏が発見したとされています。河内晩柑の名は、その発見された地名の「河内」と、晩生の柑橘類ということからついたといわれています。

現在各地で栽培出荷されていますが、名称は各地によってさまざまで、熊本県ではジューシーオレンジまたはジューシーフルーツ、愛媛県では愛南ゴールドまたは美生柑、宇和ゴールド、愛南ゴールド、灘オレンジという名称でも出荷されています。種があるものとないものがありますが、市場に出回っているものの多くは種がほとんどないもののようです。

河内晩柑はビタミンCを豊富に含んでおり、シネフリンとともに風邪予防に大きな効果を発揮します。

また、体内の酸性物質の減少や疲労回復、浄血に有効なクエン酸や、整腸作用のあるペクチンも多く含まれています。

[スポンサーリンク]

河内晩柑の人気&簡単レシピ

河内晩柑とプチトマトと新玉ねぎサラダ

ケーキ屋さんでバイトしていたときに習ったというレシピ。文晩柑の皮は包丁で甘皮までむくと時短で楽チン♪グレープフルーツや甘夏でも同じようにできますよ。

河内晩柑のホームメイド果実酒

プラスしたレモンが大活躍!苦味の原因となるワタをできるだけキレイに取り除くことが、よりおいしく仕上げるコツです。夏の柑橘類らしい爽やかな香り♪

河内晩柑とトマトの冷やしつけ麺

トマトの皮が気になるようなら湯むきし、種が嫌な人は取り除いてください。河内晩柑は、包丁で薄く薄皮ごと外皮をむいてから、皮を外すと簡単です。

河内晩柑のソルベ

砂糖やグランマニエの量は目安なので、お好みで加減してください。洋酒の種類も何でもOK♪お酒の苦手な方やお子さまは省略して。河内晩柑に限らず、他の柑橘でも作れます。

河内晩柑の砂糖煮

お菓子とパン作りに使おうと考えたレシピ。煮汁がほとんどなくなるまで煮含めるときには、焦がさないよう時々かき混ぜることを忘れないでくださいね。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
3547 views