栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

マロングラッセの特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

紀元前にマケドニアの英雄アレクサンドロス大王が妻ロクサネ妃のためにマロングラッセを作ったことから、ヨーロッパでは永遠の愛を誓う証として、男性から女性にマロングラッセを贈るという習慣があります。

マロングラッセの特徴

マロングラッセはクリを砂糖漬けにした菓子で、クリの砂糖がけという意味のフランス語が語源となっています。クリそのものは紀元前から携帯食として用いられていましたが、マロングラッセはその後の工夫によって蜜漬けなどの方法で保存性を高めようとした結果生まれたものであると考えられています。

主な材料はクリと砂糖で、クリを十分に煮て渋皮を剥離し、これを砂糖漬けしてから乾燥させて仕上げます。使われるクリはフランスのアルデシュやイタリアのセリーノなどが有名です。作るのに手間がかかるため、製作当初はあまり注目されていませんでしたが、20世紀以降になって甘く口中で崩れる食感が評価されるようになりました。現在の形に作り上げたのはアントナン・カレームであるといわれています。

紀元前にマケドニアの英雄アレクサンドロス大王が妻ロクサネ妃のために作ったことから、ヨーロッパでは永遠の愛の証として男性から女性にマロングラッセを贈るという習慣があります。
マロングラッセは夏場であれば1ヶ月ほど保存が可能で、長く保存すればするほど乾燥と糖液の滲出が促進されます。

[スポンサーリンク]

マロングラッセのおすすめレシピ

本格マロングラッセ

マロングラッセは糖度を徐々に上げていき、3日かけて作ります。

マロングラッセのパウンドケーキ

マロングラッセはそのままだと甘すぎるし、お酒が入っているので子どももあまり食べないので、刻んでケーキにしてみました。出来立てよりも2、3日置いた方がしっとりします。

マロングラッセで作る簡単マドレーヌ

スーパーで買ったマロングラッセを活用。初めてでも美味しくできました♪わかりやすい分量で簡単に作れます。

マロングラッセのモンブランロール

マロングラッセなら渋皮煮を使うより簡単♪マロンクリームはとても甘いので、少しだけ塩を加えて甘さを引きしめています。

甘栗で簡単マロングラッセ

買おうとしたマロングラッセ、甘栗でも簡単にできないかと挑戦。混ぜるときは菜箸を使わず、フライパンを揺することで崩れにくくなります。

おすすめ商品1
マロングラッセ(メリーチョコレート)

おすすめ商品2
イタリア栗マロングラッセ お徳用1kg 割れ 訳あり

もっとお探しになりますか?
Amazonで探す 楽天で探す
[スポンサーリンク]

マロングラッセの食品成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

マロングラッセの食品成分部分をクリックすると開閉します。

マロングラッセの成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 317kcal
水分 21.0g
たんぱく質 1.1g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (0.9)g
脂質 0.3g
トリアシルグリセロール当量 (0.2)g
飽和脂肪酸 (0.05)g
一価不飽和脂肪酸 (0.03)g
多価不飽和脂肪酸 (0.15)g
コレステロール (0)mg
炭水化物 77.4g
利用可能炭水化物(単糖当量) (78.8)g
水溶性食物繊維
不溶性食物繊維
< 食物繊維総量 >
灰分 0.2g
ナトリウム 28mg
カリウム 60mg
カルシウム 8mg
マグネシウム
リン 20mg
0.6mg
亜鉛
マンガン
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 0μg
ビタミンA(α-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) 10μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 1μg
ビタミンB1
ビタミンB2 0.03mg
ナイアシン(ビタミンB3) 0.1mg
ビタミンB6
ビタミンB12
葉酸(ビタミンB9)
パントテン酸(ビタミンB5)
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC 0mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール)
ビタミンE(β-トコフェロール)
ビタミンE(γ-トコフェロール)
ビタミンE(δ-トコフェロール)
ビタミンK
食塩相当量 0.1g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
マロングラッセのアミノ酸成分表(1) 可食部100g当たり
アミノ酸成分表(1) 単位: /100g
水分 21.0g
たんぱく質 1.1g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (0.9)g
イソロイシン (37)mg
ロイシン (64)mg
リシン(リジン) (57)mg
含硫アミノ酸:メチオニン (14)mg
含硫アミノ酸:シスチン (17)mg
含硫アミノ酸 <合計> (31)mg
芳香族アミノ酸:フェニルアラニン (43)mg
芳香族アミノ酸:チロシン (26)mg
芳香族アミノ酸 <合計> (68)mg
トレオニン(スレオニン) (40)mg
トリプトファン (14)mg
バリン (49)mg
ヒスチジン (26)mg
アルギニン (83)mg
アラニン (69)mg
アスパラギン酸 (260)mg
グルタミン酸 (160)mg
グリシン (48)mg
プロリン (39)mg
セリン (42)mg
ヒドロキシプロリン
アミノ酸組成計 (1100)mg
アンモニア
剰余アンモニア
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
日本栗(生)から推計 
マロングラッセの脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 21.0g
脂質 0.3g
トリアシルグリセロール当量 (0.2)g
脂肪酸総量 (0.23)g
飽和脂肪酸 (0.05)g
一価不飽和脂肪酸 (0.03)g
多価不飽和脂肪酸 (0.15)g
n-3系多価不飽和脂肪酸 (0.03)g
n-6系多価不飽和脂肪酸 (0.12)g
(4:0) 酪酸 (0)mg
(6:0) ヘキサン酸 (0)mg
(7:0) ヘプタン酸 (0)mg
(8:0) オクタン酸 (0)mg
(10:0) デカン酸 (0)mg
(12:0) ラウリン酸 (0)mg
(13:0) トリデカン酸 (0)mg
(14:0) ミリスチン酸 (1)mg
(15:0) ペンタデカン酸 (1)mg
(15:0) ant ペンタデカン酸 (0)mg
(16:0) パルミチン酸 (49)mg
(16:0) iso パルミチン酸 (0)mg
(17:0) ヘプタデカン酸 (Tr)
(17:0) ant ヘプタデカン酸 (0)mg
(18:0) ステアリン酸 (2)mg
(20:0) アラキジン酸 (Tr)
(22:0) ベヘン酸 (0)mg
(24:0) リグノセリン酸 (0)mg
(10:1) デセン酸 (0)mg
(14:1) ミリストレイン酸 (0)mg
(15:1) ペンタデセン酸 (0)mg
(16:1) パルミトレイン酸 (2)mg
(17:1) ヘプタデセン酸 (Tr)
(18:1) <計> (25)mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 (1)mg
(22:1) ドコセン酸 (0)mg
(24:1) テトラコセン酸 (0)mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 (Tr)
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 (0)mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 (0)mg
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 (120)mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 (29)mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 (0)mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 (0)mg
(20:2) n-6 イコサジエン酸 (Tr)
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 (0)mg
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 (0)mg
(20:4) n-6 アラキドン酸 (0)mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 (0)mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 (0)mg
(22:2) ドコサジエン酸 (0)mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 (0)mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 (0)mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 (0)mg
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 (0)mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
日本栗(ゆで)から推計 
マロングラッセの炭水化物成分表(1) 可食部100g当たりの利用可能炭水化物及び糖アルコール
炭水化物、糖アルコール 単位: /100g
水分 21.0g
単糖当量 (78.8)g
でん粉 (9.0)g
ぶどう糖 (0.4)g
果糖 (0.4)g
ガラクトース
しょ糖 (64.9)g
麦芽糖 (0)g
乳糖 (0)g
トレハロース
<計>(利用可能炭水化物) (74.7)g
ソルビトール(糖アルコール)
マンニトール(糖アルコール)
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
原材料配合割合から推計   
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
371 views

不規則な食生活で、栄養の偏りが気になる方へ

ベースサプリメントから始めてみませんか
普段の食事では補い切れない栄養素を補完するベースサプリメントには、多種類のビタミンやミネラルなどがバランスよく摂取できるサプリメントが理想です。
体の中では様々な栄養素がお互いに協力しながら働いています。

ベースサプリにおすすめ!キユーピー 元気セブン
キユーピー 元気セブンのバナーimpキユーピー 元気セブン

科学的根拠に基づいた30種類もの栄養素がバランスされている元気セブン。この多種類バランスは、他のベースサプリを圧倒しています!
マヨネーズで有名なキユーピー初回半額 ⇒ 1日あたり58円なので、まずは試してみやすい商品ですね。
ビタミン・ミネラルの他、不足しがちなDHA&EPA、コンドロイチン硫酸、コエンザイムQ10などもバランスされており、野菜不足が気になる、魚を食べる機会が減っている、疲れやすく無理がきかなくなったと感じる、ツヤツヤ感や若々しさを維持したい、毎日の積み重ねで5年後・10年後に見違えたい、はつらつとした日々を過ごしたい方、などにおすすめです。