栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

松茸の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

松茸には、ビタミンB6やナイアシン、β-グルカン、食物繊維が含まれています。

[スポンサーリンク]

松茸の効能

松茸は主にアカマツ林に生えるためにこの名があり、「万葉集」の歌にも詠まれるほど古い歴史があるものの、国産は減少傾向にあり、非常に高価で、市場に出回るものの多くは韓国や中国、カナダなどからの輸入品です。

特有の香り成分は主にオクテノールや桂皮酸メチルエステルなどの成分で、食欲を増進させる働きがあります。

また、肌や髪を作るタンパク質の合成を助けるビタミンB6や、脂質・糖質の代謝を助けて中性脂肪を減らす効果のあるナイアシン、免疫機能強化・抗がん作用・生活習慣病予防・鉄の吸収促進に有効とされるβ-グルカン、整腸作用・便秘解消・生活習慣病予防・がん予防などが期待できる食物繊維も含まれています。

松茸は、軸が太くて固く、弾力があるものを選びましょう。やわらかいと虫食いの可能性があります。かさが半分程度開き、裏のひだが白く湿り気を帯びているものがおすすめです。
保存の際は、新聞紙などに包んで冷蔵庫に入れます。長もちさせたいときは、丸ごとラップで包んでからさらにアルミホイルで密閉して冷凍保存し、半解凍にして調理しましょう。

[スポンサーリンク]

松茸の人気&簡単レシピ

松茸ご飯

絶品料亭の松茸ご飯を炊飯器で簡単に♪白だしが上品な美味しさを出してくれます。肝臓病や二日酔い、骨粗しょう症の予防などに役立つ成分が含む松茸、家族みんなでおいしく頂きましょう♪下ごしらえの仕方も写真付きで詳しく説明されているので、初めて扱う方も参考になりますよ。

松茸の土瓶蒸し

松茸といえば土瓶蒸し。だし汁と塩加減が味の決め手です。鶏肉はささみやむね肉を使うとあっさり、もも肉なら濃厚な仕上がりに。土瓶がなければ急須、湯冷まし、カップ、椀でも作れるようなので、気負わず気軽にお試しください。

松茸とサーモンのクリームパスタ

松茸の風味が広がるクリームソースに、スモークサーモンも色と味のポイント。ソースは時間が経つと固くなるので要注意。フェットチーネを茹でるタイミングも大切です。松茸と生クリームの相性をご堪能あれ。

松茸のリゾット

松茸の旨味たっぷりの絶品リゾット。スープを煮ている間は、くれぐれも混ぜないように。粘りが出てしまいます。松茸に含まれるナイアシンは肌荒れに効果的なので、女性の一人ランチにもおすすめですよ。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]