栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

トマピーの効能とおすすめレシピ、食品成分表

トマピーには、β-カロテンやビタミンA・B2・Cが含まれています。
その栄養効果として、夏バテ防止、疲労回復、動脈硬化予防、風邪予防、美肌効果などが期待できます。

トマピーの効能

トマピーはトマトのような形をした新種のパプリカで、甘く肉厚でみずみずしく、ピーマン独特の苦味や匂いがほとんどないため、ピーマンが苦手な人でもサラダとして生で食べられるのが特長です。

トマピー1個(190g)のビタミンC含有量は80gのレモン5個分に相当し、ビタミンA・B2もそれぞれピーマンの5〜6倍も含まれています。

また、β-カロテンに関しては普通のピーマンの7倍あり、栄養価は抜群です。そのため、がん予防、夏バテ防止、疲労回復、動脈硬化予防、風邪予防、美肌づくりなどの効果が期待できます。

トマピーは鮮度が落ちると苦味が出てくるため、できるだけ新鮮なものを選びましょう。へたが緑色でみずみずしく、全体につやがあり色が均一のものがよいとされています。

[スポンサーリンク]

トマピーの人気&簡単レシピ

トマピーの肉詰め

相性抜群な挽肉とチーズ。見た目が可愛いトマピーに詰め込んで、あとはグリルで楽々です♪肉だねを詰めるときは、絞り袋を使うと簡単にできます。金属製バットにアルミホイルを敷いて並べると、後片付けの負担を減らせます。耐熱性の器で直接焼いてもOK。爪楊枝を刺して、赤い汁が出なければ焼き上がりです。

トマピーのウインナー乗せ

殺風景なお弁当が一変!お子さまも思わず喜びの声を上げる可愛さに♪電子レンジで加熱しすぎるとウインナーが割れてしまうので、お使いの機種によって時間を調節してください。新鮮なトマピーにはピーマンのような苦みや匂いが少ないので、ピーマン嫌いのお子さまにもおすすめです。

トマピー入りチャンポン

家にある材料で、野菜の栄養満点なちゃんぽんが完成!子こどにもウケます♪少しでもトマピーを加えることで彩りが良くなるだけじゃなく、栄養価もアップ。トマピーには、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、βカロテンなど豊富に含まれています。チーズはピザ用チーズの方が合うようです。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
911 views