栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

パプリカの効能とおすすめレシピ、食品成分表

パプリカには、カルシウムやリン、マグネシウム、カリウム、ビタミンC・E・P、β-カロテン、フラボノイド、パントテン酸、葉酸が含まれています。
その栄養効果として、抗酸化作用、生活習慣病予防、風邪予防、コレステロール値低下、老化防止、血行促進効果などが期待できます。

パプリカの効能

パプリカはナス科トウガラシ属の一種で、ピーマンと比べて肉厚で辛味と苦味が少なく、甘い品種です。形・味・栄養素の構成はピーマンに似ていますが、ピーマンにはないビタミンPが含まれています。赤・黄・オレンジ・グリーン・茶・黒・白・紫と8種類の色があり、含まれる栄養素もそれぞれ異なります。

そんなパプリカには、次のような効果・効能が期待できます。

がん予防

ピーマンやパプリカに含まれる強力な抗酸化物質と豊富に含まれるビタミン類に抗がん作用があるといわれています。特に、ピーマンでは赤、パプリカでは赤やオレンジのものに強い抗がん作用があるとされています。

豊富なミネラルによるさまざまな効果

骨や歯の構成に必要なカルシウムやリン、マグネシウムが豊富です。また、疲労回復や利尿作用、高血圧予防に役立つカリウムも多く含まれています。

免疫力の向上

パプリカに豊富に含まれる栄養素には免疫力を高めるものが多くありますが、なかでもビタミンCは風邪予防などに非常に有効なビタミンです。熱に弱いとされるビタミンCですが、パプリカにはβ-カロテンやフラボノイドといった色素成分も含まれているため、熱による破壊はかなり軽減されるといわれています。

血圧・コレステロール値の改善

パプリカにはピーマンにはないビタミンPが含まれていますが、これは厳密にいうとビタミンではなく、ヘスペリジンやルチンなどを総称したポリフェノールの一種で、血圧を下げたり、血中コレステロール値を改善したりする作用があります。

血流改善

パプリカには、動脈硬化を予防してストレスを軽減するパントテン酸や、貧血予防・細胞の再生・赤血球の生成に必要な葉酸が含まれています。
また、ビタミンC・Eの抗酸化作用による動脈硬化・老化の防止や、カリウムの高血圧予防効果による血行促進も期待できます。

[スポンサーリンク]

パプリカの人気&簡単レシピ

ナスとパプリカの甘酢炒め

冷蔵庫の残り野菜で、家族にウケそうなおかずを。とろとろナスに仕上げるポイントは蒸し焼きにすること。多めの油でじっくりと火を通しましょう。

パプリカのイタリアンマリネ

電子レンジ加熱は、600W1分で歯ざわりが残るくらいが目安。好みでハーブ塩や乾燥ハーブを加えても♪即席ですぐ頂けますが、しばらくおくと味がなじみます。

鶏むね肉とパプリカの味噌照り焼き

調味料を入れた後、パプリカから出る水分を強火で飛ばしてから肉を戻してください。肉は箸で刺し、透明な汁が出てきたらOK。火を通しすぎない方が柔らかく仕上がります。片栗粉は小麦粉で代用可。

豚肉とパプリカの黒酢炒め

たれが具にしっかり絡むまで煮詰めたら完成。巻きがほどけないように、しっかり巻いて焼き付けるのがポイントです。

3色パプリカの塩きんぴら

調味料を加える際は、いったん火を止めて手早く混ぜてください。焦げると色も味も台無しになってしまいます。塩の量は好みで加減してくださいね。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
292 views

有機野菜を食べよう!そんなことを考えたことはありませんか? だからもう変なものは食べたくない! 健康寿命を伸ばして、美味しい食事の回数を増やそう♪ そう思って、我が家では有機野菜の定期宅配サービスを始めました。

有機野菜の宅配に「らでぃっしゅぼーや」を選んだ理由

人気記事ピックアップ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。
なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。
植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?
スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種
胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。
女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。
851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!
180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ