栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

ピーナッツオイルの効能とおすすめレシピ、食品成分表

ピーナッツオイルは、ピーナッツ油や落花生油とも呼ばれます。

ピーナッツオイルには、レシチンやカルシウム、マグネシウム、オレイン酸、リノール酸、パルミチン酸が含まれています。
その栄養効果として、血管・骨の健康維持、胃もたれ・胸やけ防止、便秘解消効果などが期待できます。

ピーナッツオイルの効能

ピーナッツオイルは南米が原産で、マメ科の一年草であるラッカセイの種子から搾油したものです。世界各地で生産されていますが、生産量は中国が圧倒的に多く、ほかにはインドやナイジェリア、アメリカなどで生産されています。日本へは江戸時代に伝わり、明治に入ってから広く栽培されるようになりました。

ピーナッツオイルはさらりとした食感で、かすかにピーナッツの香りがします。ゴマ油と同じく料理を仕上げる際の香りづけに使われますが、調理油のほか、サラダ油やマーガリン、ピーナッツバターなどに加工されたものも流通しています。

ピーナッツオイルには、肥満予防に役立つレシチンやカルシウム、マグネシウムといったビタミン・ミネラルなどが豊富に含まれています。これらの栄養素は、血管や骨の健康を守ったり、エネルギー代謝に関わったりするほか、体がスムーズに機能するよう、さまざまな臓器の働きをサポートし、心臓や血管の病気を予防するともいわれています。

また、オレイン酸も豊富で消化によいため、胃腸の健康を守るのに役立ち、胃酸の分泌を抑えて胃もたれや胸やけを防ぐこともできます。

そのほか、腸の働きを活発にして便秘を解消する効果も期待できます。

[スポンサーリンク]

ピーナッツオイルの人気&簡単レシピ

ほうれん草のピーナッツオイル炒め

ピーナッツオイルはインターネットで購入できます。ピーナッツオイルを使うと、サラダ油と違ってコクがあり、さっぱり食べられます。多めに入れるとおいしさアップ!

ピーナッツオイルパスタ

ピーナッツは塩気があるものをそのまま使用。少し粒つぶが残し、ピーナッツの食感を楽しみましょう。ピーナッツを50gにすると超濃厚♪

いんげんのピーナッツオイル炒め

豆天は炒ったミックスナッツでも代用できます。ピーナッツオイルは香りがいいのでおすすめ。おつまみ系のイカ天とかも合いそうです♪

ピーナッツオイルのドレッシングサラダ

ビックリするくらい簡単なのに、3つの彩りがとってもキレイ。いろんな具材でお試しください♪

ピーナッツオイルでアメリカンワッフル

計りにボールを乗せて量りながら材料を加えると、洗い物が少なくて済みます。焼きたてが美味しいので、ぜひ熱々のうちに召し上がれ♪

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1552 views