栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

ラードの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

ラードには、飽和脂肪酸や一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸が含まれています。

[スポンサーリンク]

ラードの栄養

ラードは豚の脂肪組織から精製した食用油で、常温では白色の半流動体をなしています。
料理にコクと風味を出すために使われることが多く、植物油に比べて酸化されにくいため、とんかつなどの揚げ物によく利用されるほか、沖縄の菓子であるちんすこうやサーターアンダギーの伝統的製法にも用いられます。

豚のうま味がそのままラードに反映されるため、九州の黒豚やスペインのイベリコ豚のラードは高級とされています。特に黒豚は不飽和脂肪酸の含有量の多さやバターを下回るコレステロールの低さからも、ラードのなかでは最上位の高級食材として扱われています。

ラードをはじめとする動物性脂肪は太るといわれていますが、人間には、摂りすぎた脂肪を排泄する機能が備わっています。ただし、これは脂肪を単体で摂った場合の話で、炭水化物などの糖質と一緒に摂ると、この機能は麻痺して脂肪がどんどん吸収されてしまいます。

つまり、背脂たっぷりのラーメンを食べすぎると太ることからもわかるように、太る原因は糖質にあります。脂肪自体はとても腹持ちがよいため、むしろ食べすぎを防ぐのに役立つと考えられます。

また、脂質は細胞の形成や臓器を動かすエネルギー源として欠かせない栄養素であるため、不足するとこれらの活動に支障が出るおそれもあります。

[スポンサーリンク]

ラードの人気&簡単レシピ

ラードチーズケーキ

チーズとラードはホイッパーだと乳化しなかったので、フードプロセッサーで強制乳化!マフィン型6個分で、一日のMEC推奨量のチーズ&卵を摂取できます。

豚肉のゆで汁でラードとスープ

箸で取り切れない薬味やカスは漉した方が無難。今回は臭み消しの生姜と葱が入っているので、ラードにもスープにも風味が移っていて美味しいです♪角煮など水のみでの下茹での場合は、純粋にお肉の旨味のみ。冷凍保存して、炒め物や焼き物に使うとすごく美味♪

自家製ラードの作り方

中火で時間をかけて揚げていくことで、焦げた匂いが脂につかなくなります。また、同じ理由で、必ず最初に少しのお湯を沸かしてから作ってくださいね。

四日市とんてき

ラードを使うと、ひと味違った仕上がりに♪キャベツはよく水を切っておきましょう。肉は油で揚げ焼きのようにするのがポイント。お店ではナイフで切りながら食べるのを忠実に再現しています。

ラードチョコ ビターピーナッツ

ラカントの代わりに、ステビアリキッド6滴でもOK。市販品を食べさせるぐらいなら、ホームメイドで栄養たっぷりチョコレートを♪

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]