栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

ウスヒラタケの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

ウスヒラタケには、ビタミンDやビタミンB1・B2、葉酸が含まれています。

[スポンサーリンク]

ウスヒラタケの効能

ウスヒラタケはヒラタケ科ヒラタケ属の食用きのこで、ナラ・ブナなどの広葉樹の倒木や枯木、切り株などに重なるように群生しています。

クセがないので、炒め物・煮物・ホイル焼き・天ぷら・汁物・鍋・炊き込みご飯・ソテーなど、多くの料理で食べられます。

ウスヒラタケは、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンD、葉酸が豊富なのが特徴です。

ビタミンDはカルシウムの吸収を促進するため、骨粗鬆症予防やイライラの解消に有効です。

また、ビタミンB1は、体内で糖質がエネルギーに変わるときに必要な補酵素として重要な働きをし、脳の中枢神経や手足の末梢神経の働きを正常に保つという役割を果たすほか、疲労回復や集中力の持続に効果を発揮します。ビタミンB2は「発育のビタミン」とも呼ばれ、脂質・糖質・タンパク質を分解してエネルギーに変える反応を補酵素として助ける働きがあります。

葉酸は「造血のビタミン」とも呼ばれ、ビタミンB12とともに新しい赤血球を正常に作り出すために必要不可欠な栄養素です。

ウスヒラタケの保存方法としては、冷蔵・冷凍・塩漬け・乾燥が理想的ですが、生のものは早めに食べましょう。

[スポンサーリンク]

ウスヒラタケの人気&簡単レシピ

ウスヒラタケの味噌汁

ウスヒラタケの香りと歯ごたえを生かしたお味噌汁です。きのこは水からゆっくり加熱し、だし昆布もあれば旨みが何倍もアップ!できれば数種類を合わせて煮ると、さらに美味しいだしが出るようなので、ぜひお試しください。

ウスヒラタケなど3種キノコのソース炒め

ベーコン入りでボリューム満点!ひらたけより色が薄めで、傘も少し小さいウスヒラタケに、2種類のきのこを合わせた炒めものです。きのこは弱火からゆっくり炒め始め、沸騰したら中火にするのがコツ。ソースを加えて塩こしょうで調味したら完成です。

群馬の家庭の味 おきりこみ

寒い冬、あったかーい群馬風煮込みうどんはいかが?具材は根菜ときのこに限らず、旬のものがおすすめ。麺は出来たての歯ごたえを楽しむも良いですが、翌日のやわらかーい麺も美味しい♪お好みの食感を見つけてくださいね。

4種のキノコの味噌・旨煮

ウスヒラタケなど、きのこをいっぱい入れた味噌煮です。お好みで、しょうゆ味でもOK。きのこは種類を問わずに食物繊維が豊富な食材なので、便秘がちな方にもおすすめです。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]