栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

ごまドレッシングの効果とレシピ、食品成分表

ごまドレッシングは、醤油・酢・植物性脂肪などにゴマを加えたドレッシングです。
ごまドレッシングには、脂質や炭水化物、タンパク質、食物繊維、ナトリウムが含まれています。

ごまドレッシングの効果

ごまドレッシングは、ごま油などを使って甘辛く調味されているため、中華料理との相性がよいとされています。ただし、脂質が多いため、健康を気にする方やダイエット中の方はノンオイルタイプを選ぶのがおすすめです。

ごまドレッシングには、脂質や炭水化物、タンパク質、食物繊維、ナトリウムが含まれているため、エネルギー補給、代謝促進、筋肉の収縮・弛緩の働き維持などに影響すると考えられます。

[スポンサーリンク]

ごまドレッシングの人気&簡単レシピ

ごまドレッシング

わざわざ計らず、目分量でOK。「さしすせそ」じゃなく「さしすすま」で覚えてくださいね。無添加なので使い切りの分量にしています。その都度作ることをおすすめします。

ごまだれの冷し中華

具材にほぐした蒸し鶏を使う場合は、出来たゴマだれに絡めてしばらく置くと美味しいです。麺や野菜・肉等の具が多めの場合は、タレを1.5倍量で。麺は乾麺の方がコシがあってオススメです。

味ぽんのごまドレッシング

使うたびによく混ぜてください。豚肉の冷しゃぶサラダやポテトサラダ、イカリングのサラダにもぴったり♪いろんなサラダで試してみてくださいね。

エノキとわかめのゴマドレサラダ

レタス、キュウリ、もやし等アレンジ自在♪もやしは一緒にタレに浸して味を染みこませますが、葉物野菜だけは水分がでるので食べる前に和えて。甘めなので、一味でパンチをきかせるのがオススメ。

セサミンチーズなアボカド(ゴマドレ和え)

アボカドは変色しやすいので、調味料は先に混ぜておき、食べる直前に和えましょう。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
616 views