栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

スズメ肉の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

スズメ肉には、カルシウムや鉄、リンが多く含まれています。
その栄養効果として、骨粗鬆症予防、高血圧予防、貧血改善効果などが期待できます。

スズメ肉の効能

スズメは鳥獣保護法で狩猟鳥に指定されているため、捕獲には狩猟免許が必要となり、狩猟期間と捕獲数にも制限が設けられていますが、その範囲内で適正な猟が行なわれたものは販売することが可能です。羽根をむしって内臓を出し、たれをつけて焼き鳥や丸焼きで食べられるのが一般的です。

ビタミン・ミネラルともに豊富で、なかでも骨・歯の健康維持や血液凝固や筋肉の収縮、神経の興奮抑制作用、細胞の調節機能、血圧上昇抑制に役立つカルシウムや、貧血の予防・改善に有効な鉄が多く含まれています。

スズメを食するのにおすすめの時期は12月で、冷蔵・冷凍いずれでも保存が可能です。冷凍の場合の賞味期限の目安は1年くらいです。

[スポンサーリンク]

スズメの人気&簡単レシピ

一般には、食用のスズメは日本で飼育されるのではなく、焼き鳥用に加工・冷凍されたものが輸入されています。骨ごと食べるため、カルシウムを多く摂取できます。

スズメを手軽に食すには、伏見稲荷大社(京都)の門前名物である「スズメの丸焼き」を食べるてみるのがオススメです。
スズメの丸焼き伏見稲荷大社の名物はスズメの丸焼き – デイリーポータルZ:@nifty

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
676 views