栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

水前寺のりの栄養と食品成分表、食品成分表

水前寺のりには、鉄やカルシウム、ビタミンK、マンガン、サクランが多く含まれています。
その栄養効果として、貧血改善、骨粗鬆症予防、抗酸化作用、アンチエイジング効果などが期待できます。

コンテンツメニュー

水前寺のりの効能

水前寺のりは熊本県の江津湖で発見された藍藻の仲間です。

水前寺のりには鉄やカルシウムが豊富に含まれており、その含有量はひじきの10倍ともいわれています。

また、ビタミンKやマンガンも多く含まれており、骨を丈夫にしてくれるため、骨粗鬆症予防の効果も期待できるほか、強い抗酸化作用がアトピー改善や体の老化予防にも有効と考えられています。

さらに、水前寺のり1kgから7g抽出されるサクラン(スイゼンジノリ多糖体)という成分はヒアルロン酸の6倍の保湿力があり、バリア機能も高いため、化粧品に配合されることもあります。また、優れた保湿性と抗かゆみ作用で皮膚の表面を保護し、肌の炎症を抑える効果も期待できます。

購入した水前寺のりは硬く、そのまま食べることはできないため、たっぷりの水に30分程度浸してから調理しましょう。水で戻せば約10倍にまで膨らみます。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
397 views