栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

とさかのりの栄養とレシピ、食品成分表

とさかのりには、脂質やヨウ素、ビタミンKが含まれています。

[スポンサーリンク]

とさかのりの効能

とさかのりは刺身のツマとして知られる赤い海藻で、赤とさかとも呼ばれています。赤とさかは採ったとさかのりを塩に漬けたもので、石灰処理したものは青とさかと呼ばれます。光の届きにくい海底に群生し、春から夏に水揚げされます。

とさかのりは海藻サラダや酢の物、スープなどに加えるほか、料理の彩りとしても役立ちます。また、低カロリーであるためダイエットにも活用できます。

とさかのりには、炭水化物やタンパク質、脂質、ヨウ素、ビタミンKが豊富に含まれているため、エネルギー補給、成長促進、筋肉強化、体力向上、代謝促進、免疫力強化、皮膚・髪・骨の健康維持、止血といった効果が期待できます。

[スポンサーリンク]

とさかのりの人気&簡単レシピ

赤だけでなく、青(みどり)や白のとさかのりも販売されていますが、原藻は同じです。

わかめとネギととさかのりの味噌汁

お味噌汁は、味噌を加えた後に火を通し過ぎないのが基本。沸騰させると、せっかくのお味噌の風味が飛んでしまいます。

タコのポケ(ポキ)

ハワイに行けないので自分でクッキング!タコ自体に塩気があるので、味付けは様子を見ながら調節してください。

海藻サラダ

乾燥した海藻類は、長い時間水に浸けるとドロドロになってしまいます。海藻が入ってた袋に書かれた注意書きを参考にしてください。

海藻バター

イメージは、滅多に行けない某フレンチ・レストランで出会った「海藻バター」今回は生の海藻を使いましたが、ドライの海藻サラダ用を使えばいつでも作れます。

豆腐ととさかのりの味噌汁

冷蔵庫にあったお豆腐を活用。具材に火が通ってから味噌を溶き入れ、風味よく仕上げるためにも、その後はグツグツ煮込まないでくださいね。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]