栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

中華まん(肉まん・あんまん)の特徴とおすすめ3選、栄養成分表

中華まんには、豚肉などを使用した肉まんや小豆あんが入ったあんまんが多いものの、近年ではピザまんやカレーまんといったさまざまな変わり種も販売されています。また、「○○ロール」と呼ばれる細長い形状の中華まんも存在します。

中華まんの特徴

中華まんとは、小麦粉・水・砂糖・イースト・酵母・ベーキングパウダーなどをこねて発酵させて作った柔らかい皮で具を包み蒸し上げた饅頭のことをいいます。中の具の種類などによってそれぞれ名称が変わり、肉まん・あんまんなど多岐にわたります。

肉まんは肉饅頭の略で、一般に豚肉・タマネギ・タケノコ・干しシイタケなどの野菜をみじん切りにして煮たものを入れますが、貝柱・オイスターソース・フカヒレなどを入れることもあります。皮の上部のひねった模様により、あんまんとの区別がつけられていますが、作るとき具をそこから入れて閉じるためという側面もあります。

あんまんはラードやごま油などで練った小豆のこしあんを入れたあん饅頭です。ほかの具材と区別するために食紅で中央に印をつけたものや、粒あんを用いたものもあります。

中華まんは、日本では中華街に伝わった大正・昭和の頃から各地で食されており、中華料理店やスーパー、コンビニ、小さな売店などにおける人気のテイクアウト商品となっています。家庭で作られることは少ないものの、チルドや冷凍食品は多く販売されており、コンビニでは通常8〜9月頃から冬季にかけて(店によっては通年)、スチームで蒸し上げたものをカウンター商材のひとつとして販売しています。一般的には豚肉などを使用した肉まんや小豆あんが入ったあんまんが多いものの、近年ではピザまんやカレーまんなどさまざまな変わり種の中華まんも販売されています。また、「○○ロール」と呼ばれる細長い形状の種類も存在します。

中華まんは、中国の三国時代(220年頃)に蜀漢の宰相・諸葛亮孔明が作らせたことが始まりといわれています。日本で最初に登場した時期については諸説ありますが、「中村屋」での発売は1927年の「天下一品 支那饅頭」が最初で、中国の包子(パオズ)と呼ばれる具の入った饅頭を元に日本人向けのあっさりした味に改良し、中国人職人を雇ってノウハウを吸収したこの商品が一般の人に親しまれるようになったといわれています。一方、1915年に豚饅頭として売り出した神戸中華街の「老祥記」の中国包子が日本の中華まんの起こりであるという説もありますが、これが現在の日本の中華まんと同じものかどうかは定かではありません。

[スポンサーリンク]

中華まんのおすすめ売れ筋商品

おすすめ1
蓬莱本館 豚まん 4個入

おすすめ2
チャーシューまん 聘珍樓の肉まんシリーズ【叉焼包】

おすすめ3
江戸清 お江戸の黒ゴマあんまん(1箱10個入)

おすすめ4
満月廬(まんげつろ) (国産)肉汁たっぷり肉まん 6個 ギフトボックス入り

おすすめ5
香姑菜包 野菜まん 手作り中華まん しいたけと野菜入りの饅頭 冷凍商品 480g 8個入り

もっとお探しになりますか?
Amazonで探す 楽天で探す
[スポンサーリンク]

手作り中華まんレシピ

肉まん

パンのようにしっかり発酵する必要なし!皮はしっかり閉じないと蒸してくるときに開いてきます。具を入れすぎると綴じなくなるのでご注意を!

パン粉でミニ中華まん

焼売は冷凍でもOK。ボールを使うと牛乳と混ぜ合わせやすく、そのままラップを取れば洗い物も出なくて楽チン♪手順2ではパン粉をしっとりさせたいだけなので、水でもいいですよ。

肉まん&あんまんの皮作り

こね時間は5分くらいで、手前で少し生地を押さえ、反対の手で奥に伸ばし引いての繰り返しです。蒸すときはクッキングシートを敷くことで、くっつくのを防げます。

手づくりしたいほかほか中華まん(レシピ本)

中華まんのリメイクレシピ/アレンジレシピ

中華まんで辛子醤油チーズサンド

旦那が買ってきた肉まんにちょっぴり細工♪あんまんやデザートまんの時は辛子醤油は無しで。

肉まんのスープグラタン

スープは、中華・鶏ガラ・コンソメ・トマトなど何でも合います。コーンやポタージュ、カレーなどでもOK!色々試しちゃってください♪

中華まんの食品成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

肉まんの食品成分部分をクリックすると開閉します。

肉まんの成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 260kcal
水分 39.5g
たんぱく質 10.0g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (8.5)g
脂質 5.1g
トリアシルグリセロール当量 (4.6)g
飽和脂肪酸 (1.46)g
一価不飽和脂肪酸 (1.42)g
多価不飽和脂肪酸 (1.53)g
コレステロール
炭水化物 43.5g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 1.1g
不溶性食物繊維 2.2g
< 食物繊維総量 > 3.2g
灰分 1.9g
ナトリウム 460mg
カリウム 310mg
カルシウム 28mg
マグネシウム 20mg
リン 87mg
0.8mg
亜鉛 1.2mg
0.12mg
マンガン
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 2μg
ビタミンA(α-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) 20μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 3μg
ビタミンB1 0.23mg
ビタミンB2 0.10mg
ナイアシン(ビタミンB3) 2.0mg
ビタミンB6 0.16mg
ビタミンB12 0.1μg
葉酸(ビタミンB9) 38μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.80mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC 7mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンE(α-トコフェロール)
ビタミンE(β-トコフェロール)
ビタミンE(γ-トコフェロール)
ビタミンE(δ-トコフェロール)
ビタミンK 9μg
食塩相当量 1.2g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
部分割合: 皮 10、肉あん 4.5 
肉まんのアミノ酸成分表(1) 可食部100g当たり
アミノ酸成分表(1) 単位: /100g
水分 39.5g
たんぱく質 10.0g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (8.5)g
イソロイシン (370)mg
ロイシン (690)mg
リシン(リジン) (490)mg
含硫アミノ酸:メチオニン (190)mg
含硫アミノ酸:シスチン (180)mg
含硫アミノ酸 <合計> (370)mg
芳香族アミノ酸:フェニルアラニン (440)mg
芳香族アミノ酸:チロシン (320)mg
芳香族アミノ酸 <合計> (760)mg
トレオニン(スレオニン) (350)mg
トリプトファン (120)mg
バリン (440)mg
ヒスチジン (280)mg
アルギニン (520)mg
アラニン (450)mg
アスパラギン酸 (760)mg
グルタミン酸 (2500)mg
グリシン (480)mg
プロリン (830)mg
セリン (450)mg
ヒドロキシプロリン (65)mg
アミノ酸組成計 (9900)mg
アンモニア
剰余アンモニア
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
部分割合: 皮 10、肉あん 4.5
原材料配合割合から推計、ヒドロキシプロリン: (65) mg 
肉まんの脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 39.5g
脂質 5.1g
トリアシルグリセロール当量 (4.6)g
脂肪酸総量 (4.40)g
飽和脂肪酸 (1.46)g
一価不飽和脂肪酸 (1.42)g
多価不飽和脂肪酸 (1.53)g
n-3系多価不飽和脂肪酸 (0.08)g
n-6系多価不飽和脂肪酸 (1.45)g
(4:0) 酪酸 (0)mg
(6:0) ヘキサン酸 (0)mg
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸 (0)mg
(10:0) デカン酸 (2)mg
(12:0) ラウリン酸 (3)mg
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 (36)mg
(15:0) ペンタデカン酸 (4)mg
(15:0) ant ペンタデカン酸 (0)mg
(16:0) パルミチン酸 (1000)mg
(16:0) iso パルミチン酸 (0)mg
(17:0) ヘプタデカン酸 (11)mg
(17:0) ant ヘプタデカン酸 (0)mg
(18:0) ステアリン酸 (370)mg
(20:0) アラキジン酸 (9)mg
(22:0) ベヘン酸 (1)mg
(24:0) リグノセリン酸 (1)mg
(10:1) デセン酸 (0)mg
(14:1) ミリストレイン酸 (Tr)
(15:1) ペンタデセン酸 (0)mg
(16:1) パルミトレイン酸 (52)mg
(17:1) ヘプタデセン酸 (7)mg
(18:1) <計> (1300)mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 (28)mg
(22:1) ドコセン酸 (0)mg
(24:1) テトラコセン酸 (0)mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 (1)mg
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 (0)mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 (1)mg
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 (1400)mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 (69)mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 (0)mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 (0)mg
(20:2) n-6 イコサジエン酸 (11)mg
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 (2)mg
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 (0)mg
(20:4) n-6 アラキドン酸 (9)mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 (0)mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 (0)mg
(22:2) ドコサジエン酸 (0)mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 (2)mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 (3)mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 (0)mg
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 (3)mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
部分割合: 皮 10、肉あん 4.5
原材料配合割合から推計 

あんまんの食品成分

あんまんの成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 280kcal
水分 36.6g
たんぱく質 6.1g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (5.4)g
脂質 5.7g
トリアシルグリセロール当量 (5.5)g
飽和脂肪酸 (1.70)g
一価不飽和脂肪酸 (2.11)g
多価不飽和脂肪酸 (1.41)g
コレステロール 3mg
炭水化物 51.1g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 0.6g
不溶性食物繊維 2.1g
< 食物繊維総量 > 2.6g
灰分 0.4g
ナトリウム 11mg
カリウム 64mg
カルシウム 52mg
マグネシウム 24mg
リン 58mg
1.1mg
亜鉛 0.6mg
0.14mg
マンガン 0.22mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 0μg
ビタミンA(α-カロテン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン) 1μg
ビタミンA(β-クリプトキサンチン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン当量) 1μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 0μg
ビタミンB1 0.08mg
ビタミンB2 0.03mg
ナイアシン(ビタミンB3) 0.5mg
ビタミンB6 0.04mg
ビタミンB12 0μg
葉酸(ビタミンB9) 9μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.26mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC Tr
ビタミンD 0μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 0.1mg
ビタミンE(β-トコフェロール) 0.1mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 1.0mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0.7mg
ビタミンK 2μg
食塩相当量 0g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
小豆こしあん入り
部分割合: 皮 10、あん 7 
あんまんのアミノ酸成分表(1) 可食部100g当たり
アミノ酸成分表(1) 単位: /100g
水分 36.6g
たんぱく質 6.1g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (5.4)g
イソロイシン (240)mg
ロイシン (470)mg
リシン(リジン) (240)mg
含硫アミノ酸:メチオニン (110)mg
含硫アミノ酸:シスチン (130)mg
含硫アミノ酸 <合計> (240)mg
芳香族アミノ酸:フェニルアラニン (340)mg
芳香族アミノ酸:チロシン (190)mg
芳香族アミノ酸 <合計> (530)mg
トレオニン(スレオニン) (200)mg
トリプトファン (75)mg
バリン (290)mg
ヒスチジン (170)mg
アルギニン (350)mg
アラニン (220)mg
アスパラギン酸 (430)mg
グルタミン酸 (1800)mg
グリシン (240)mg
プロリン (560)mg
セリン (310)mg
ヒドロキシプロリン
アミノ酸組成計 (6300)mg
アンモニア
剰余アンモニア
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
小豆こしあん入り
部分割合: 皮 10、あん 7
原材料配合割合から推計 
あんまんの脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 36.6g
脂質 5.7g
トリアシルグリセロール当量 (5.5)g
脂肪酸総量 (5.22)g
飽和脂肪酸 (1.70)g
一価不飽和脂肪酸 (2.11)g
多価不飽和脂肪酸 (1.41)g
n-3系多価不飽和脂肪酸 (0.05)g
n-6系多価不飽和脂肪酸 (1.37)g
(4:0) 酪酸 (0)mg
(6:0) ヘキサン酸 (0)mg
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸 (0)mg
(10:0) デカン酸 (3)mg
(12:0) ラウリン酸 (5)mg
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 (52)mg
(15:0) ペンタデカン酸 (5)mg
(15:0) ant ペンタデカン酸 (0)mg
(16:0) パルミチン酸 (1100)mg
(16:0) iso パルミチン酸 (0)mg
(17:0) ヘプタデカン酸 (19)mg
(17:0) ant ヘプタデカン酸 (0)mg
(18:0) ステアリン酸 (540)mg
(20:0) アラキジン酸 (17)mg
(22:0) ベヘン酸 (1)mg
(24:0) リグノセリン酸 (0)mg
(10:1) デセン酸 (0)mg
(14:1) ミリストレイン酸 (7)mg
(15:1) ペンタデセン酸 (0)mg
(16:1) パルミトレイン酸 (79)mg
(17:1) ヘプタデセン酸 (12)mg
(18:1) <計> (2000)mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 (27)mg
(22:1) ドコセン酸 (0)mg
(24:1) テトラコセン酸 (0)mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 (0)mg
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 (0)mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 (0)mg
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 (1400)mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 (45)mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 (0)mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 (0)mg
(20:2) n-6 イコサジエン酸 (12)mg
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 (0)mg
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 (0)mg
(20:4) n-6 アラキドン酸 (3)mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 (0)mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 (0)mg
(22:2) ドコサジエン酸 (0)mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 (0)mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 (0)mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 (0)mg
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 (0)mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
小豆こしあん入り
部分割合: 皮 10、あん 7
原材料配合割合から推計 
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
362 views

不規則な食生活で、栄養の偏りが気になる方へ

ベースサプリメントから始めてみませんか
普段の食事では補い切れない栄養素を補完するベースサプリメントには、多種類のビタミンやミネラルなどがバランスよく摂取できるサプリメントが理想です。
体の中では様々な栄養素がお互いに協力しながら働いています。

ベースサプリにおすすめ!キユーピー 元気セブン
キユーピー 元気セブンのバナーimpキユーピー 元気セブン

科学的根拠に基づいた30種類もの栄養素がバランスされている元気セブン。この多種類バランスは、他のベースサプリを圧倒しています!
マヨネーズで有名なキユーピー初回半額 ⇒ 1日あたり58円なので、まずは試してみやすい商品ですね。
ビタミン・ミネラルの他、不足しがちなDHA&EPA、コンドロイチン硫酸、コエンザイムQ10などもバランスされており、野菜不足が気になる、魚を食べる機会が減っている、疲れやすく無理がきかなくなったと感じる、ツヤツヤ感や若々しさを維持したい、毎日の積み重ねで5年後・10年後に見違えたい、はつらつとした日々を過ごしたい方、などにおすすめです。