栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

ずいき(芋茎/芋がら)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

ずいきには、カリウムやカルシウム、食物繊維が含まれています。
その栄養効果として、骨・歯の強化、便秘改善、乳酸菌の増殖活性化、生活習慣病予防効果などが期待できます。

ずいき(芋茎/芋がら)の効能

ずいきはサトイモ類の茎の部分で、生のものは酢の物・和え物・蒸し物などに、干しずいきは水でもどして煮物や汁の具などに使われます。

干しずいきは、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムの量が100g中10gと全食品のなかでもトップで、骨や歯を強くするカルシウムはゴマと同様に多く、便秘改善に役立つ食物繊維はラッキョウや切り干し大根を上回る含有量です。

食物繊維は便の量を増やして腸内環境を整え、腸内菌による食物繊維分解物が腸を刺激して便秘を改善するだけでなく、腸内の善玉菌である乳酸菌の増殖を活性化することで、発がん物質などの有害物を生み出す悪玉菌の勢力を弱めます。さらに、コレステロールや有害物の排出を促し、動脈硬化・糖尿病などの生活習慣病やがんを予防します。

生のずいきは、皮の表面に湿り気があり、ひび割れなどがないものを選びましょう。日もちのよい土付きがおすすめです。赤ずいき・白ずいきの場合は皮が緑色に変色しているものは避けましょう。

[スポンサーリンク]

ずいきの人気&簡単レシピ

ずいきの煮物

ずいきを噛むと食感がなんとも旨い!じゅわ〜とあふれる煮汁に、箸が止まりません。火加減と煮込み時間は中火で10分ほどが目安。長く煮込むと人参は溶け出て、ずいきのせっかくの食感も台無しになるので注意してください。

ずいきのツナ煮

冷えてもおいしく日持ちもし、お弁当や常備菜にも重宝する万能おかず。こどもにも大人気♪不溶性食物繊維が豊富なずいきにはお腹すっきり効果あり。便秘がちな女性にもおすすめです。

ずいきの甘酢煮

ピンク色が目にもかわいい♪生のずいきで作る甘酢煮です。ずいきは火の通りが早いので、くれぐれも炊きすぎないように。鍋は酸に強いホーローかステンレス製が良いようです。下処理からの詳しい手順&写真付き。

ずいきと厚揚げの煮物

心癒される家庭の味。厚揚げなどと一緒に煮たずいきは、シャリッとトロッと、とっても美味♪ポイントは、ずいきを最低でも1時間は水に浸けておくことと、アクが強いのでよくもみ洗いすること。ずいきに含まれる食物繊維には腸の働きを活発化し、体に有害な物質を便と一緒に排出する効果があるので、お腹の調子が優れない人もぜひ。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
6317 views