栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

タアサイ(ターサイ)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

ターサイには、β-カロテンやビタミンC・E、食物繊維が含まれています。
その栄養効果として、皮膚・粘膜の保護、老化防止、解毒機能強化、便秘解消効果などが期待できます。

タアサイ(ターサイ)の効能

ターサイは昭和初期に中国から伝わった野菜です。寒さに強い冬野菜ですが、耐暑性にも優れているため、夏でも栽培されています。

ターサイには、目や皮膚の粘膜を守るβ-カロテン、コラーゲンの生成を助けて老化を防止するビタミンC、過酸化脂質の生成を抑えて細胞膜を守るビタミンEが豊富に含まれています。煮物でもおいしくいただけますが、油で炒めれば色鮮やかになり、β-カロテンの吸収率もアップします。

そのほか、がん予防や血栓防止に役立つアリルイソチオシアネートや、解毒機能を強化して発がん物質を体外に排出するグルコシノレート、腸内の善玉菌を活性化することによって便の量を増やし、腸内環境を整える食物繊維も含まれています。

ターサイは、葉につやがあって濃い緑色をしており、茎が太めで短いものを選びます。
ポリ袋などに入れて冷蔵庫で保存すれば乾燥を避けられますが、鮮度が落ちやすいため、早めに使い切るようにしましょう。

[スポンサーリンク]

ターサイの人気&簡単レシピ

ターサイ炒め

生姜の風味が豊か♪体ポカポカ♪ターサイにはビタミンCが含まれているので、風邪予防や美肌にも効果的です。豚バラなどのお肉を加えるとボリュームアップ!お好みでアレンジしてください。

ターサイの温サラダ

βカロテン豊富な中国野菜ターサイの温サラダ。生産者の方の食べ方メモをアレンジした一品です。辛味を効かせればお酒のお供に、ツナを加えればこどもも喜ぶ仕上がりに♪ターサイはクセがないので、合わせる食材や味付けを選びません。

ターサイと豚肉のにんにくしょうゆ炒め

クセがないターサイを丸ごと一株ペロリ!ちょっと多いかな?と思っても、火を通すとカサが減るのでたくさん食べられます。野菜不足が気になる方にもおすすめ。豚肉との相性も抜群です。強火で一気に炒めて仕上げましょう。

ターサイと鶏胸肉のオイスター炒め

鶏むね肉がやわらか美味しい♪ごま油の風味豊かな炒めものです。ターサイには体内でビタミンAに変換されるβカロテンやビタミンCが豊富なので、視力や、髪、粘膜、皮膚の健康維持、風邪予防、疲労回復などにも効果的です。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1131 views

有機野菜を食べよう!そんなことを考えたことはありませんか? だからもう変なものは食べたくない! 健康寿命を伸ばして、美味しい食事の回数を増やそう♪ そう思って、我が家では有機野菜の定期宅配サービスを始めました。

有機野菜の宅配に「らでぃっしゅぼーや」を選んだ理由

人気記事ピックアップ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。
なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。
植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?
スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種
胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。
女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。
851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!
180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ