栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

つまみ菜の効能とおすすめレシピ、食品成分表

つまみ菜には、ビタミンCやカリウム、カルシウム、β-カロテンが含まれています。
その栄養効果として、シミ・そばかす防止、生活習慣病予防、解毒機能強化、血栓防止、便秘解消効果などが期待できます。

つまみ菜の効能

つまみ菜は大根・小松菜・蕪などの早採りした若い苗の総称ですが、現在では漬菜の一種である「雪白体菜(せっぱくたいさい)」という専用種の若苗を指します。

ミネラルやビタミン、食物繊維をバランスよく含んでいますが、特にコラーゲン生成を促してシミ・そばかすを防ぐビタミンCが豊富です。さらに、ビタミンCには、β-カロテンとともに脂質の酸化を抑制して動脈硬化を防ぐ効果もあるほか、高血圧などの生活習慣病やがんの予防にも期待できます。

また、アリルイソチオシアネートによる血栓防止効果や、グルコシノレートによる解毒作用強化・抗がん効果、食物繊維による整腸作用・生活習慣病予防効果も期待できます。

つまみ菜は、葉がみずみずしい緑色で、葉や茎にはりがあり、葉先がしおれておらず、黄変した葉がないものを選びます。パックの中に水滴がついているものは避けましょう。
保存するときはポリ袋に小分けし、口を閉じて冷蔵庫の野菜室に入れればOKですが、蒸れを避けるため、袋に詰めすぎないようにします。日もちはしないので、購入当日か翌日には使いきりましょう。

[スポンサーリンク]

つまみ菜の人気&簡単レシピ

つまみ菜の白ゴマ味噌ドレサラダ

つまみ菜のほろ苦さに、ごま味噌ドレッシングの甘さが絶妙!オリーブオイルの風味が豊か♪がん予防、肥満防止、貧血や疲労回復に効くつまみ菜をモリモリ食べられる一品です。水っぽい仕上がりを防ぐためにも、和える前につまみ菜の水気はよく切りましょう。

つまみ菜のおひたし

シャキシャキ感がクセになる…!かつお節を多めに入れると旨みが増し、醤油の量を減らせます。つまみ菜のゆで時間は1〜2分が目安。火を通し過ぎると食感が損なわれるので、サッと仕上げるのがポイントです。

つまみ菜の卵とじ

フライパンでしんなり炒めたつまみ菜を、卵でとじて。白身が固まり始めたら火を止め、余熱で蒸らしてください。半熟卵がつまみ菜と絡み合い、たまらないおいしさです♪

つまみ菜・豆もやし・なるとのさっと煮

茶色いおかずが多いときに役立つ彩り豊かな一品。平凡な色合いの食卓をグンと華やかにしてくれます。つまみ菜のほろ苦さを生かした薄味仕立て。保存するときは残った煮汁も一緒に入れておくと、味がよく染みてさらに美味しくなりますよ。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
5191 views