栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

ちくわの栄養とレシピ、食品成分表

ちくわには、EPAやDHA、ビタミンB12、ナトリウムが含まれています。
その栄養効果として、コレステロール低下、貧血予防、神経機能正常化効果などが期待できます。

ちくわの栄養効果

ちくわは魚肉のすり身を竹などの棒に巻きつけて焼いたもの、またはそれを蒸した加工食品で、魚肉練り製品のひとつです。串を抜くと筒状になり、竹の切り口に似ていることからこの名がつきました。

起源は弥生時代とも平安時代ともいわれていますが、室町時代以降のいくつかの書物に「蒲鉾(かまぼこ)」という名で記されています。江戸時代前には形状が蒲の穂に似ていたため「蒲鉾」と呼ばれていましたが、後に、板の上にすり身をのせた形状の板蒲鉾(現代のかまぼこ)が現われ、それと区別するために「ちくわかまぼこ」、略してちくわと呼ばれるようになりました。また、江戸時代まではちくわは高級品でした。

ちくわはそのままで食べられるほか、おでん、筑前煮、煮物、ちらし寿司、うどん、焼きそば、野菜炒め、カレーなどの具として使われることが多くあります。また、青海苔を加えた衣をつけて天ぷらにした磯辺揚げは、海苔弁当や学校給食のおかずに利用されています。そのほか、穴に細切りにしたキュウリ・チーズ・ソーセージ・マヨネーズ・辛子明太子などを詰めて酒肴やおかずにしたり、七輪であぶって食べたりするのも一般的です。

ちくわは白身の魚を原料としているため、高タンパク・低脂肪の健康的な食品として海外でも人気が出始めています。さらに、EPAやDHA、ビタミンB12、ナトリウムも含まれているため、アレルギー症状の緩和・改善、コレステロール低下、貧血予防、神経機能正常化といった効果が期待できます。

[スポンサーリンク]

ちくわの人気&簡単レシピ

揚げないちくわの磯部揚げ

大好きなちくわの磯辺揚げを、できるだけ簡単に、ちょっぴりヘルシーに、かつ一口で食べれる形状に!焦げにくい火加減の見極め方も必見です。気になる油はキッチンペーパーでオフ。

大根・ちくわ・こんにゃくの煮物

こどもにも食べやすい味付け。濃いと感じた場合は醤油の量を減らすか、薄口のものを使ってください。一晩置くとお出汁が染み込んで更に美味しくなります♪

ちくわのチーズ炒め

お弁当の定番。醤油をほんのちょっぴり入れても美味しいです。マヨ・チーズ・のりは好みで加減してくださいね。

ちくわと小松菜の炒め物

ポイントは具の切り方。小さめにすることで、味が絡みやすくなります。小松菜をたっぷり食べられますよ。

チーズちくわの甘辛焼き

そのまま食べても美味しいチーズinちくわに一工夫。調味料をフライパンに投入するときは、油ハネにご注意を。

[スポンサーリンク]

ちくわの栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

焼き竹輪の食品成分部分をクリックすると開閉します。

焼き竹輪の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 121kcal
水分 69.9g
たんぱく質 12.2g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 2.0g
トリアシルグリセロール当量 1.7g
飽和脂肪酸 0.48g
一価不飽和脂肪酸 0.46g
多価不飽和脂肪酸 0.72g
コレステロール 25mg
炭水化物 13.5g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 (0)g
不溶性食物繊維 (0)g
< 食物繊維総量 > (0)g
灰分 2.4g
ナトリウム 830mg
カリウム 95mg
カルシウム 15mg
マグネシウム 15mg
リン 110mg
1.0mg
亜鉛 0.3mg
0.03mg
マンガン 0.03mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) Tr
ビタミンA(α-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) (0)μg
ビタミンA(レチノール活性当量) (Tr)
ビタミンB1 0.05mg
ビタミンB2 0.08mg
ナイアシン(ビタミンB3) 0.7mg
ビタミンB6 0.01mg
ビタミンB12 0.8μg
葉酸(ビタミンB9) 4μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.04mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC (0)mg
ビタミンD 1.0μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 0.4mg
ビタミンE(β-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 0.7mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0.1mg
ビタミンK (0)μg
食塩相当量 2.1g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
焼き竹輪の脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 69.9g
脂質 2.0g
トリアシルグリセロール当量 1.7g
脂肪酸総量 1.66g
飽和脂肪酸 0.48g
一価不飽和脂肪酸 0.46g
多価不飽和脂肪酸 0.72g
n-3系多価不飽和脂肪酸 0.20g
n-6系多価不飽和脂肪酸 0.52g
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0mg
(12:0) ラウリン酸 3mg
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 63mg
(15:0) ペンタデカン酸 3mg
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 250mg
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 6mg
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 140mg
(20:0) アラキジン酸 6mg
(22:0) ベヘン酸 4mg
(24:0) リグノセリン酸 4mg
(10:1) デセン酸 0mg
(14:1) ミリストレイン酸 0mg
(15:1) ペンタデセン酸 0mg
(16:1) パルミトレイン酸 24mg
(17:1) ヘプタデセン酸 2mg
(18:1) <計> 400mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 18mg
(22:1) ドコセン酸 11mg
(24:1) テトラコセン酸 0mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0mg
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0mg
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 500mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 43mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 5mg
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0mg
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 1mg
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 2mg
(20:4) n-6 アラキドン酸 11mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 54mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0mg
(22:2) ドコサジエン酸 0mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 8mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 4mg
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 87mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
焼き竹輪の脂肪酸成分表(2) 脂肪酸100g当たりの脂肪酸組成表
脂肪酸成分表(2) 単位: g/100g 脂肪酸総量
脂肪酸総量 829
飽和脂肪酸 240
一価不飽和脂肪酸 229
多価不飽和脂肪酸 359
n-3系多価不飽和脂肪酸 99
n-6系多価不飽和脂肪酸 260
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 0.2
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 3.8
(15:0) ペンタデカン酸 0.2
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 15.3
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 0.3
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 8.3
(20:0) アラキジン酸 0.4
(22:0) ベヘン酸 0.2
(24:0) リグノセリン酸 0.3
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 0
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 1.5
(17:1) ヘプタデセン酸 0.1
(18:1) <計> 24.4
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 1.1
(22:1) ドコセン酸 0.7
(24:1) テトラコセン酸 0
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6リノール酸 30.3
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 2.6
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0.3
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0.1
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0.1
(20:4) n-6 アラキドン酸 0.7
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 3.2
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0.5
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0.3
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 5.2
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
焼き竹輪の脂肪酸成分表(3) 脂質1g当たり
脂肪酸成分表(3) 単位: mg/g 脂質
脂肪酸総量 829
飽和脂肪酸 240
一価不飽和脂肪酸 229
多価不飽和脂肪酸 359
n-3系多価不飽和脂肪酸 99
n-6系多価不飽和脂肪酸 260
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 1
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 32
(15:0) ペンタデカン酸 1
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 127
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 3
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 69
(20:0) アラキジン酸 3
(22:0) ベヘン酸 2
(24:0) リグノセリン酸 2
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 0
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 12
(17:1) ヘプタデセン酸 1
(18:1) <計> 202
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 9
(22:1) ドコセン酸 5
(24:1) テトラコセン酸 0
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 251
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 22
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 2
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 1
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 1
(20:4) n-6 アラキドン酸 6
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 27
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 4
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 2
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 43
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
2027 views

不規則な食生活で、栄養の偏りが気になる方へ

ベースサプリメントから始めてみませんか
普段の食事では補い切れない栄養素を補完するベースサプリメントには、多種類のビタミンやミネラルなどがバランスよく摂取できるサプリメントが理想です。
体の中では様々な栄養素がお互いに協力しながら働いています。

ベースサプリにおすすめ!キユーピー 元気セブン
キユーピー 元気セブンのバナーimpキユーピー 元気セブン

科学的根拠に基づいた30種類もの栄養素がバランスされている元気セブン。この多種類バランスは、他のベースサプリを圧倒しています!
マヨネーズで有名なキユーピー初回半額 ⇒ 1日あたり58円なので、まずは試してみやすい商品ですね。
ビタミン・ミネラルの他、不足しがちなDHA&EPA、コンドロイチン硫酸、コエンザイムQ10などもバランスされており、野菜不足が気になる、魚を食べる機会が減っている、疲れやすく無理がきかなくなったと感じる、ツヤツヤ感や若々しさを維持したい、毎日の積み重ねで5年後・10年後に見違えたい、はつらつとした日々を過ごしたい方、などにおすすめです。