栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

猪肉(イノシシ)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

猪肉には、鉄やビタミンB1・B2、ペプチド、カルノシンが含まれています。
その栄養効果として、貧血・冷え性の予防・改善、疲労回復、高血圧・動脈硬化の予防効果などが期待できます。

猪肉(イノシシ)の効能

猪肉はアジアやヨーロッパで古くから食べられており、日本では縄文時代の遺跡から猪肉の骨が出土しているほか、「日本書紀」にも記述が残っています。かたくて臭みがあるといわれますが、若い猪の肉はクセがなくやわらかで甘味があります。

日本では味噌で煮込む「しし鍋(ぼたん鍋)」が有名ですが、イタリア中部から北部にかけては、ひき肉にしてミートソースなどに使われるほか、フランスではジビエ(野生鳥獣)料理として人気があります。

牛肉や豚肉に比べると鉄が豊富で、貧血や冷え性の予防・改善に効果があるほか、新陳代謝を促進するビタミンB1・B2も含まれているため、疲労回復にも役立ちます。

また、血圧を下げる働きのあるペプチドや、動脈硬化・糖尿病を予防するカルノシンも含まれています。

猪肉は、赤身と白身の層がはっきり分かれているものを選びましょう。白身には脂肪およびコラーゲンが含まれているため、たっぷりと入っているものがよいとされています。
真空パックのものは開封後3〜5日で食べきり、冷凍品を解凍した場合は翌日には食べきるようにします。再冷凍は鮮度も味も落ちるため避けましょう。

[スポンサーリンク]

猪肉の人気&簡単レシピ

猪肉のしぐれ煮

全ての材料を鍋に入れて火にかけ、煮汁がほぼなくなれば出来上がりという簡単さ!猪肉は薄く切ってくださいね。

イノシシ赤ワインシチュー

猪肉は火が通りやすいように薄くスライスしてください。最後にバターやウスターソース、醤油を少々足すと深みのある味になります。とろみはお好みですが、付けた方が美味しそう♪

猪肉のチャーシュー

砂糖を入れて煮ると固くなるようなので、仕上げ段階に蜂蜜をプラス。カツにすると固くて食べられなかったのが、チャーシューだと美味しくできました。

猪肉の生姜焼き

ポイントは、タレを混ぜ合わせる際、火にかけてアルコール分を飛ばすこと。まろやかさが増し、こどもにも食べやすく仕上がります。冷蔵庫で3日漬け込むとさらに美味しく柔らかに♪

ぼたん鍋(猪肉)

猪肉は弱火でじっくり煮込んでください。だしとみそは濃い目が美味しいです。お好みでゆず七味をかけても♪翌日はうどんに卵がおすすめです。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
3678 views