栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

ホンモロコの栄養効果とレシピ、食品成分表

ホンモロコには、EPAやDHA、カルシウム、ビタミンDが含まれています。
その栄養効果として、血栓防止、コレステロール値低下、イライラ・ストレスの解消、骨・歯の強化効果などが期待できます。

ホンモロコの栄養効果

ホンモロコはコイ科タモロコ属の淡水魚で、モロコ、ゴマモロコ、ヤナギモロコとも呼ばれます。琵琶湖の固有種とされており、水深5m以上の湖沼に生息しています。ホンモロコという名前は、多いことを意味する「諸(モロ)」と子どもを意味する「子」から、「子が多い魚」ということからついたとされています。

体長は14cm前後で全体が細長く、シルバーグレーとパールのツートンカラーの体表が特徴です。クセのない白身魚で、うま味と独特な風味があり、焼き物、天ぷら、煮つけなどに利用されるほか、産卵期に獲ったものをご飯と漬け込んだなれずしなどの名産品も有名です。

ホンモロコに含まれる主な栄養素はEPAやDHA、カルシウム、ビタミンDです。そのため、血栓防止、コレステロール値低下、イライラ・ストレスの解消、骨・歯の強化といった効果が期待できます。

ホンモロコの旬は冬から春です。身にハリがあり、白銀に輝いているものを選びましょう。

[スポンサーリンク]

ホンモロコの人気&簡単レシピ

ホンモロコの山椒煮

ホンモロコはコイ科の魚の中で最も美味ともいわれる琵琶湖固有種。秋から冬にかけて脂がのると美味しさを増し、またお正月を過ぎて春が近くなると卵をいっぱい抱えた「子持ちモロコ」を楽しめます。

ホンモロコの南蛮漬け

揚げたホンモロコを合わせ酢に漬けます。種をとって輪切りにした赤唐辛子を加えれば、ピリッと美味♪

ホンモロコのポン酢しょうゆ

揚げたホンモロコを器に盛り、おろし大根とポン酢しょうゆを添えてお召し上がりください。

ホンモロコのざこ煮料亭風

ホンモロコの旬は10月〜2月です。活きたまま買ってきて、氷水でしめたら水から上げましょう。水につけたままにしておくと、魚が水分を吸ってしまいます。

ホンモロコの素焼き

オーブンを250℃に予熱したら、天板にオーブンシートをしいて魚をのせ、3〜5分程度焼いてもOK。ガスコンロのグリルでもできますよ。

ホンモロコの栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

ホンモロコ(生)の食品成分部分をクリックすると開閉します。

ホンモロコ(生)の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 113kcal
水分 75.1g
たんぱく質 17.5g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 4.1g
トリアシルグリセロール当量 3.2g
飽和脂肪酸 0.82g
一価不飽和脂肪酸 1.23g
多価不飽和脂肪酸 1.06g
コレステロール 210mg
炭水化物 0.1g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 (0)g
不溶性食物繊維 (0)g
< 食物繊維総量 > (0)g
灰分 3.2g
ナトリウム 86mg
カリウム 320mg
カルシウム 850mg
マグネシウム 39mg
リン 640mg
1.3mg
亜鉛 3.4mg
0.07mg
マンガン 0.21mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 250μg
ビタミンA(α-カロテン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン) 0μg
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) 0μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 250μg
ビタミンB1 0.03mg
ビタミンB2 0.20mg
ナイアシン(ビタミンB3) 2.5mg
ビタミンB6 0.13mg
ビタミンB12 9.0μg
葉酸(ビタミンB9) 37μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.73mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC 2mg
ビタミンD 5.0μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 2.9mg
ビタミンE(β-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0mg
ビタミンK (0)μg
食塩相当量 0.2g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
別名: モロコ
魚体全体 
ホンモロコ(生)の脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 75.1g
脂質 4.1g
トリアシルグリセロール当量 3.2g
脂肪酸総量 3.10g
飽和脂肪酸 0.82g
一価不飽和脂肪酸 1.23g
多価不飽和脂肪酸 1.06g
n-3系多価不飽和脂肪酸 0.69g
n-6系多価不飽和脂肪酸 0.36g
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0mg
(12:0) ラウリン酸 0mg
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 130mg
(15:0) ペンタデカン酸 22mg
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 510mg
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 20mg
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 120mg
(20:0) アラキジン酸 7mg
(22:0) ベヘン酸 0mg
(24:0) リグノセリン酸 0mg
(10:1) デセン酸 0mg
(14:1) ミリストレイン酸 8mg
(15:1) ペンタデセン酸 0mg
(16:1) パルミトレイン酸 410mg
(17:1) ヘプタデセン酸 24mg
(18:1) <計> 750mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 33mg
(22:1) ドコセン酸 3mg
(24:1) テトラコセン酸 5mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0mg
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0mg
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 140mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 140mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 36mg
(20:2) n-6 イコサジエン酸 19mg
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 19mg
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 76mg
(20:4) n-6 アラキドン酸 160mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 200mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0mg
(22:2) ドコサジエン酸 0mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 75mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 25mg
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 170mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
別名: モロコ
魚体全体 
ホンモロコ(生)の脂肪酸成分表(2) 脂肪酸100g当たりの脂肪酸組成表
脂肪酸成分表(2) 単位: g/100g 脂肪酸総量
脂肪酸総量 757
飽和脂肪酸 199
一価不飽和脂肪酸 300
多価不飽和脂肪酸 257
n-3系多価不飽和脂肪酸 169
n-6系多価不飽和脂肪酸 88
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 0
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 4.3
(15:0) ペンタデカン酸 0.7
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 16.5
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 0.6
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 4.0
(20:0) アラキジン酸 0.2
(22:0) ベヘン酸 0
(24:0) リグノセリン酸 0
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 0.2
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 13.1
(17:1) ヘプタデセン酸 0.8
(18:1) <計> 24.3
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 1.1
(22:1) ドコセン酸 0.1
(24:1) テトラコセン酸 0.1
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6リノール酸 4.4
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 4.5
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 1.1
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0.6
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0.6
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 2.4
(20:4) n-6 アラキドン酸 5.2
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 6.4
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 2.4
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0.8
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 5.5
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
別名: モロコ
魚体全体 
ホンモロコ(生)の脂肪酸成分表(3) 脂質1g当たり
脂肪酸成分表(3) 単位: mg/g 脂質
脂肪酸総量 757
飽和脂肪酸 199
一価不飽和脂肪酸 300
多価不飽和脂肪酸 257
n-3系多価不飽和脂肪酸 169
n-6系多価不飽和脂肪酸 88
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 0
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 32
(15:0) ペンタデカン酸 5
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 125
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 5
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 30
(20:0) アラキジン酸 2
(22:0) ベヘン酸 0
(24:0) リグノセリン酸 0
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 2
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 99
(17:1) ヘプタデセン酸 6
(18:1) <計> 184
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 8
(22:1) ドコセン酸 1
(24:1) テトラコセン酸 1
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 34
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 34
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 9
(20:2) n-6 イコサジエン酸 5
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 5
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 18
(20:4) n-6 アラキドン酸 39
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 48
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 18
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 6
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 42
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
別名: モロコ
魚体全体   
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
279 views

有機野菜を食べよう!そんなことを考えたことはありませんか? だからもう変なものは食べたくない! 健康寿命を伸ばして、美味しい食事の回数を増やそう♪ そう思って、我が家では有機野菜の定期宅配サービスを始めました。

有機野菜の宅配に「らでぃっしゅぼーや」を選んだ理由

人気記事ピックアップ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。
なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。
植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?
スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種
胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。
女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。
851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!
180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。