栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

菜種油の効能とおすすめレシピ、食品成分表

菜種油には、オレイン酸やビタミンKが多く含まれています。
その栄養効果として、コレステロール値低下、動脈硬化・心疾患の予防、便秘解消、骨粗鬆症予防効果などが期待できます。

菜種油の効能

菜種油は日本で最も古い油脂原料といわれている油で、サラダ油や加工用の油として広く利用されています。昔は心疾患に影響があるとされるエルカ酸が含まれていましたが、現在売られているキャノーラ品種の商品は改良されていてエルカ酸をほとんど含んでいません。

ハイオレイックタイプの菜種油は、オリーブ油やサフラワー油、ひまわり油、コーン油などにも多く含まれているオレイン酸を豊富に含んでいます。オレイン酸には、悪玉コレステロールが血管内に沈着しにくくさせる働きがあり、血中コレステロール値を下げる効果があるといわれているため、動脈硬化や心疾患の予防に有効とされているほか、腸の働きを活発化させ、便秘を解消する効果もあります。

また、ビタミンKには、骨にカルシウムを沈着させ、丈夫な骨を作ることで骨粗鬆症を予防する働きがあるため、小魚や小松菜などのカルシウムが豊富な食材を菜種油で調理して一緒に摂ると、さらに効果がアップします。

[スポンサーリンク]

菜種油の人気&簡単レシピ

菜種油でスコーン

パン代わりになるスコーンを食べたくて行き着いたレシピです。ジャムやスプレッドを合わせることが多いので、甘さは控えめ。ヨーグルトはカスピ海ヨーグルトを使っています。

おからドーナツ

優しい甘さのドーナツ。是非てんさい糖やきび砂糖で作ってください。薄力粉はふるう必要なく、混ぜて揚げるだけなのでとても簡単♪揚げずに焼きドーナツにすると手間もカロリーもカットできます。

菜種油のタルト生地

コツは生地をヘラと泡立て器でそぼろ状にすること。まとまらないようなら牛乳の量を加減してください。生地の薄い部分は、焼くと少しヒビが入ることもあります。

ささみのピカタ、塩風味

酢の効果でささみは柔らかく、塩とごま油で下味をつけながらしっとりと仕上がります。お弁当に入れる場合は、前の晩に下処理を済ませておくといいですよ。

菜種油でバナナケーキ

家に余っている材料で体に優しいスイーツを目指して大成功♪焼く際、表面がこんがりと色づいてきたら、途中でアルミホイルをかぶせてください。

[スポンサーリンク]

菜種油の栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

菜種油(植物油脂類)の食品成分部分をクリックすると開閉します。

菜種油の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 921kcal
水分 0g
たんぱく質 0g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 100.0g
トリアシルグリセロール当量 97.5g
飽和脂肪酸 7.06g
一価不飽和脂肪酸 60.09g
多価不飽和脂肪酸 26.10g
コレステロール 2mg
炭水化物 0g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 0g
不溶性食物繊維 0g
< 食物繊維総量 > 0g
灰分 0g
ナトリウム 0mg
カリウム Tr
カルシウム Tr
マグネシウム 0mg
リン Tr
0mg
亜鉛 Tr
0mg
マンガン 0mg
ヨウ素 0μg
セレン 0μg
クロム 0μg
モリブデン 0μg
ビタミンA(レチノール) 0μg
ビタミンA(α-カロテン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン) 0μg
ビタミンA(β-クリプトキサンチン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン当量) 0μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 0μg
ビタミンB1 0mg
ビタミンB2 0mg
ナイアシン(ビタミンB3) 0mg
ビタミンB6 (0)mg
ビタミンB12 (0)μg
葉酸(ビタミンB9) (0)μg
パントテン酸(ビタミンB5) (0)mg
ビオチン(ビタミンB7) 0μg
ビタミンC (0)mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 15.2mg
ビタミンE(β-トコフェロール) 0.3mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 31.8mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 1.0mg
ビタミンK 120μg
食塩相当量 0g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
試料: 低エルカ酸の精製油及びサラダ油
別名: キャノーラ油、カノーラ油
植物油脂類
菜種油の脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 0g
脂質 100.0g
トリアシルグリセロール当量 97.5g
脂肪酸総量 93.26g
飽和脂肪酸 7.06g
一価不飽和脂肪酸 60.09g
多価不飽和脂肪酸 26.10g
n-3系多価不飽和脂肪酸 7.52g
n-6系多価不飽和脂肪酸 18.59g
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0mg
(12:0) ラウリン酸 64mg
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 78mg
(15:0) ペンタデカン酸 0mg
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 4000mg
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 0mg
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 1900mg
(20:0) アラキジン酸 580mg
(22:0) ベヘン酸 290mg
(24:0) リグノセリン酸 150mg
(10:1) デセン酸 0mg
(14:1) ミリストレイン酸 0mg
(15:1) ペンタデセン酸 0mg
(16:1) パルミトレイン酸 200mg
(17:1) ヘプタデセン酸 0mg
(18:1) <計> 58000mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 1100mg
(22:1) ドコセン酸 140mg
(24:1) テトラコセン酸 150mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0mg
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0mg
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 19000mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 7500mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0mg
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0mg
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0mg
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0mg
(20:4) n-6 アラキドン酸 0mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 0mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0mg
(22:2) ドコサジエン酸 0mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0mg
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
試料: 低エルカ酸の精製油及びサラダ油
別名: キャノーラ油、カノーラ油
植物油脂類
菜種油の脂肪酸成分表(2) 脂肪酸100g当たりの脂肪酸組成表
脂肪酸成分表(2) 単位: g/100g 脂肪酸総量
脂肪酸総量 933
飽和脂肪酸 71
一価不飽和脂肪酸 601
多価不飽和脂肪酸 261
n-3系多価不飽和脂肪酸 75
n-6系多価不飽和脂肪酸 186
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 0.1
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 0.1
(15:0) ペンタデカン酸 0
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 4.3
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 0
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 2.0
(20:0) アラキジン酸 0.6
(22:0) ベヘン酸 0.3
(24:0) リグノセリン酸 0.2
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 0
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 0.2
(17:1) ヘプタデセン酸 0
(18:1) <計> 62.7
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 1.2
(22:1) ドコセン酸 0.1
(24:1) テトラコセン酸 0.2
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6リノール酸 19.9
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 8.1
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0
(20:4) n-6 アラキドン酸 0
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 0
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
試料: 低エルカ酸の精製油及びサラダ油
別名: キャノーラ油、カノーラ油
植物油脂類
菜種油の脂肪酸成分表(3) 脂質1g当たり
脂肪酸成分表(3) 単位: mg/g 脂質
脂肪酸総量 933
飽和脂肪酸 71
一価不飽和脂肪酸 601
多価不飽和脂肪酸 261
n-3系多価不飽和脂肪酸 75
n-6系多価不飽和脂肪酸 186
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 1
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 1
(15:0) ペンタデカン酸 0
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 40
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 0
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 19
(20:0) アラキジン酸 6
(22:0) ベヘン酸 3
(24:0) リグノセリン酸 1
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 0
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 2
(17:1) ヘプタデセン酸 0
(18:1) <計> 585
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 11
(22:1) ドコセン酸 1
(24:1) テトラコセン酸 1
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 186
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 75
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0
(20:4) n-6 アラキドン酸 0
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 0
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
試料: 低エルカ酸の精製油及びサラダ油
別名: キャノーラ油、カノーラ油
植物油脂類
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ