栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

あくまき(灰汁巻き)の栄養とレシピ、食品成分表

あくまきには、脂質、カリウム、マンガンなどが含まれています。
その栄養効果として、エネルギー補給、免疫力強化、代謝促進などが期待できます。

あくまきの効能

あくまきは鹿児島県・宮崎県・熊本県人吉・球磨地方など南九州で主に端午の節句に作られる季節の和菓子で、もち米を灰汁(あく)で炊くことによって生まれる独特の風味と食感が特徴です。

単体ではほぼ無味であるため、砂糖と若干の塩を混ぜたきな粉や、白砂糖、三温糖、黒砂糖の粉、黒蜜、砂糖醤油などを好みでかけるのが一般的な食べ方です。

また、常温で食べるのが一般的ですが、冷やすと独特のえぐみが弱く感じられるため、苦手な人でも食べやすくなります。切るときは包丁ではなく糸が使われます。

あくまきには脂質、カリウム、マンガンが含まれているため、エネルギー補給、免疫力強化、代謝促進といった効果が期待できます。

[スポンサーリンク]

あくまきの人気&簡単レシピ

あくまき

途中で水をさしながら3時間以上煮込み、米粒があめ色になったら出来上がり。きな粉、砂糖、黒砂糖など、お好みのものをまぶしてどうぞ。

圧力鍋で鹿児島のあく巻き

出来上がりまで約4時間。圧力鍋を使って簡単に♪竹の皮は、一年間前のものを使います。

ふるさとを食べよう!鹿児島の「あくまき」

余ったもち米が伝統的な郷土菓子に早変わり!本来なら棒状のものを三角に巻いて食べやすく仕上げました。きな粉などはもちろん、メープルシロップも合いますよ。

長崎の唐あくちまき(あくまき)

茹でるともち米がとても膨らむので、木綿袋にもち米を詰めるときは、ゆるゆるに入れてください。

あくまきの揚げ餅風

独特な伝統の味が苦手な家族にも食べやすいようにアレンジ。片面ずつカリっと揚げるのがポイントです。

あくまきセット(きな粉付き)JA鹿児島県経済連

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1263 views