栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

くわい(慈姑)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

くわいには、カリウムやリン、亜鉛、ビタミンEが含まれています。
その栄養効果として、抗酸化作用、細胞の老化防止、解毒作用、むくみ防止、コレステロール値低下、整腸作用などが期待できます。

くわい(慈姑)の効能

くわいの原産地は中国で、日本へは奈良時代に伝わったとされています。日本で一般的なのはアオクワイで、薄い藍色を帯びた塊茎を食用とします。

ナトリウムを排出して高血圧を予防するカリウムや、骨・歯の成分となり、糖質の代謝を活性化して疲労を回復するリンが豊富であるほか、味覚を正常に保つ亜鉛や、細胞老化を防ぐビタミンEも多く含まれています。

特有の苦味成分トリテルペン配糖体には抗酸化作用があり、活性酸素の毒から体を守ってアレルギー症状を緩和したり、がんを予防したりします。

そのほか、利尿作用・解毒作用・むくみ防止作用のあるプチインや、整腸・便秘解消・生活習慣病予防・コレステロール値低下に有効な食物繊維も含まれています。

くわいは、皮が湿っていてハリとつやがあり、球形が整っているもの、芽が細くしまりしっかりと伸びているものを選びましょう。
保存の際は、水を張った容器に入れておくと鮮度を保ちやすくなります。ビニール袋に入れる場合は、数カ所穴を開けておきます。冷蔵庫での長期保存は避けましょう。

[スポンサーリンク]

くわいの人気&簡単レシピ

くわいの旨煮

簡単すぎて思わず笑っってしまいそうなコロンと可愛いくわいの旨煮。筋があるくわいは、底から芽に向かって包丁を入れるのが調理のコツ。煮上がり後も、だし汁から出さないようにするのもポイントです。

くわいの甘辛素揚げ

くわいの素揚げを、甘辛あんで絡めて。くわいの苦味が好きな方は、アク抜き不要。煮るときに水分を飛ばしすぎると、飴の様になってしまうので程々にしましょう。くわいに含まれるプチインという成分には利尿効果があるので、むくみ予防にも役立ちますよ。

くわいのから揚げ

カラッと揚げたくわいに、クレイジーソルトがピリリ♪くわいには抗酸化作用を持つ「トリテルペン配糖体」という成分が含まれているので、ガンやアレルギー予防にも効果的です。苦みが出てしまうので、揚げすぎには要注意。

クワイのふわふわ揚げ

見た目は唐揚げ、食べれば外はサクッと、中はふわっと♪食物繊維豊富なくわいは、便秘がちな方にもおすすめ。また、コレステロールや老廃物を排出する働きもあるので、生活習慣病の予防にも役立ちます。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
712 views

有機野菜を食べよう!そんなことを考えたことはありませんか? だからもう変なものは食べたくない! 健康寿命を伸ばして、美味しい食事の回数を増やそう♪ そう思って、我が家では有機野菜の定期宅配サービスを始めました。

有機野菜の宅配に「らでぃっしゅぼーや」を選んだ理由

人気記事ピックアップ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。
なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。
植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?
スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種
胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。
女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。
851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!
180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。