栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

豆きんとんの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

豆きんとんには、食物繊維やレクチン、ポリフェノール、アミノ酸が多く含まれています。
その栄養効果として、整腸作用、ダイエット、利尿作用、コレステロール値低下、デトックス効果などが期待できます。

豆きんとんの効能

豆きんとんとは、白いんげん豆で作ったきんとんのことをいいます。水でもどした白いんげん豆をやわらかく煮てから一部を取り分けて甘く煮含め、残りを裏ごしし、砂糖を加えて火にかけ練ってあんを作り、豆とあんを混ぜて作られます。

白いんげん豆とは白色を呈する種類のいんげん豆のことをいい、日本では大福豆や白金時豆がこれにあたります。食物繊維が豊富な食材として知られていますが、そのほかにもレクチン、ポリフェノール、アミノ酸など多くの成分を含んでいます。

食物繊維には、体の不要物を便として排出し、腸内をきれいにする働きがあるほか、レクチンには、炭水化物のでんぷんを分解する酵素α-アミラーゼの消化作用を妨げる特性があります。
また、白いんげん豆の抽出エキスにコレステロール値の低下や脂肪の排出といったダイエット効果が期待できるほか、排尿を促す薬理効果もあるといわれています。

豆きんとんに調理されたものは問題ありませんが、白いんげん豆の生のさやや加熱不十分な豆を大量に食すると、レクチンの副作用で吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などが表れることがあるため、注意が必要です。

[スポンサーリンク]

豆きんとんの人気&簡単レシピ

白いんげん豆とはつみつの豆きんとん

ちょうどいい固さになるまで練り上げたら完成♪豆は一晩つけておきます。ポットの中に入れておくと、すごく柔らかくなりますよ。

さつま芋と豆の水煮で豆きんとん

茶巾に絞った手作りの豆きんとんは、ちょっとした手土産にも喜ばれそう!きび砂糖は三温糖や上白糖でも代用できます。

白花豆煮で豆きんとん

白花豆煮は少し冷ましてから開封してください。半分をなめらかに潰し、半分は豆のつぶつぶ感を残すようにざっくり混ぜ合わせると、アクセントある食感を楽しめます。

自家製豆きんとん

あんこに粘性が出てくるので、かき混ぜるのが大変ですが、苦労した甲斐のある仕上がりです。火加減にはくれぐれもご注意を。焦げて苦味が出ると、全て台無しになってしまいます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
861 views

不規則な食生活で、栄養の偏りが気になる方へ

ベースサプリメントから始めてみませんか
普段の食事では補い切れない栄養素を補完するベースサプリメントには、多種類のビタミンやミネラルなどがバランスよく摂取できるサプリメントが理想です。
体の中では様々な栄養素がお互いに協力しながら働いています。

ベースサプリにおすすめ!キユーピー 元気セブン
キユーピー 元気セブンのバナーimpキユーピー 元気セブン

科学的根拠に基づいた30種類もの栄養素がバランスされている元気セブン。この多種類バランスは、他のベースサプリを圧倒しています!
マヨネーズで有名なキユーピー初回半額 ⇒ 1日あたり58円なので、まずは試してみやすい商品ですね。
ビタミン・ミネラルの他、不足しがちなDHA&EPA、コンドロイチン硫酸、コエンザイムQ10などもバランスされており、野菜不足が気になる、魚を食べる機会が減っている、疲れやすく無理がきかなくなったと感じる、ツヤツヤ感や若々しさを維持したい、毎日の積み重ねで5年後・10年後に見違えたい、はつらつとした日々を過ごしたい方、などにおすすめです。