栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

うずら豆の効能とおすすめレシピ、食品成分表

うずら豆には、ビタミンB1・B2やカルシウム、マグネシウム、鉄、食物繊維が多く含まれています。
その栄養効果として、肌荒れ解消、貧血改善、大腸がん・生活習慣病の予防効果などが期待できます。

うずら豆の効能

うずら豆はいんげん豆の一種で、腎臓形の茶色がかった白色の地に、濃い茶褐色や赤の斑点があるのが特徴です。甘納豆や煮豆に用いられるのが一般的ですが、切り干し大根と一緒に炊いたり、ゆがいたものをそのままサラダの上にのせたりしてもおいしくいただけます。

うずら豆には、脳や神経の唯一のエネルギー源であるビタミンB1や、肌荒れ・吹き出物を抑えて肌を健康に保つビタミンB2、タンパク質と一緒に摂ると吸収率が倍増するといわれるカルシウム、筋肉の収縮を調整するマグネシウム、貧血を防ぐ鉄、大腸がんや生活習慣病の予防に有効な食物繊維などが含まれています。

うずら豆のゆがき方としては、まず1000ccの水に一晩(目安は7〜8時間)漬けて戻してから水を加えず火にかけ、沸騰してから30〜40分弱火で煮るのが簡単な方法です。
アルミ鍋などの薄手の鍋は火のあたりが強いため、全体に硬さが残る場合があります。七層鍋や無水鍋のような厚みのある鍋で炊くとふっくら仕上がります。

[スポンサーリンク]

うずら豆の人気&簡単レシピ

うずら豆の煮豆

作るたびに味にばらつきが出て、なかなか味が決まらなかった煮豆…。それが煮方を工夫することで、毎回変わらず、美味しく仕上がるように♪今回は古い豆を使ったので、一時間ほど煮ています。

うずら豆ご飯

北海道美瑛産のほっくりしたうずら豆のおいしさたっぷり!炊飯器に玄米モードがある場合は、浸水しなくても大丈夫です。

うずら豆のポークビーンズ

辛党さんにはとうがらしを増やし、ピリ辛に仕上げるのもおすすめです。水煮の大豆を使うと、時間を大幅に省力できて簡単♪

うずら豆、香菜、ピーマンと玉葱のサラダ

簡単にバケツ一杯くらいのサラダを作りたいという思いから生まれたレシピ。豆は何でもOK。うずら豆以外なら、黒豆やひよこ豆などがお勧めです。

うずら豆の水煮・甘煮

うずら豆を水で戻すときは、シワが伸びてしっかり水分を含むまで十分浸けておきます。最初はまだ水分が多いように感じますが、冷蔵庫で寝かせてる間に、さらに水分を吸ってふっくら馴染みます。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1299 views