栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

パン粉の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

パン粉は、パンを粉状にしたものです。パンをほぐして使う「生」、乾燥させるものは乾燥度合いにより「半生」と「乾燥」があります。フライの衣やハンバークのつなぎなどに利用されます。

パン粉の特徴

パン粉はパンなどを粉状に砕いた調理用加工食品で、ふりかけ・つなぎ・揚げ物の衣などに用いられます。

パン粉は、乾燥したパンやクラッカーを細かく粉砕して作る、ヨーロッパ発祥で欧米文化圏において伝統的に用いられているタイプと、乾燥していないパンを大まかな粉状にほぐし砕いて作る日本発祥の生パン粉、そして生パン粉を乾燥させて作る目の粗い乾燥パン粉の3種類に大別できます。

生パン粉は、フライ料理などを使用する洋食(日本式の西洋料理)に合うため普及して主流となりました。そのサクサクとした食感が人気を呼び、エビフライ、豚カツ、コロッケなどさまざまな日本独自の料理が生み出されています。

一方、乾燥パン粉は、保存性に難があった生パン粉を乾燥させて保存性を高めることで生まれました。日本で最も一般に流通しているのはこのタイプで、業務用には揚げ色をよく見せるために着色したパンで作るカラーパン粉も用いられています。

このような、欧米伝統のものより粒の大きいパン粉は、「日本スタイルのパン粉(Japanese style breadcrumbs)」として海外でも知られており、「panko」の名で流通しています。欧米文化圏ではアジア系食料品店や大型スーパーマーケットでも入手できます。

[スポンサーリンク]

パン粉の人気&簡単レシピ

鶏肉のコンソメパン粉焼き

両面ともじっくり焼いて、お肉の中までしっかり火を通してください。ガーリックチーズ、のり塩、にんにく醤油などアレンジ自在♪鶏肉の他、茄子でもお試しあれ。

パン粉でミニ中華まん

焼売は冷凍でもOKです。ボールを使うと牛乳と混ぜ合わせやすく、そのままラップを取れば洗いものも減らせます。パン粉に馴染ませるのは牛乳の代わりに水でも大丈夫です。

マヨネーズとパン粉で鮭ムニエル

両面にしっかりマヨネーズを塗ることで、パン粉が剥がれにくくなり、カリっと香ばしく仕上がります。失敗知らずのレシピです。

そら豆とパン粉のサクサク炒め

そら豆の塩茹での場合は塩分が違うので、コンソメは少なめから調整してください。手順4ではパン粉が焦げやすいので、味付けしてる間は弱火にして火加減にご注意を。

椎茸のパン粉マヨネーズ焼き

椎茸をいつもとはちょっと違った食べ方で♪パン粉は醤油とマヨネーズを混ぜた後に入れるのがポイント。最初にパン粉を入れると、醤油を吸収してムラになってしまいます。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
973 views