栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

栃の実の効能とおすすめレシピ、食品成分表

栃の実には、カリウムやナトリウム、カルシウム、食物繊維が多く含まれています。
その栄養効果として、血圧低下、高血圧予防、利尿作用、ナトリウムの再吸収抑制、骨の強化、整腸、善玉菌の活性化効果などが期待できます。

栃の実の効能

栃の実は、栃の木というトチノキ科トチノキ属の植物の種子で、殻の中にある実です。栗に似ていますが、栗より丸みがあり、アク抜きをしなければ食べられません。アク抜きされたものは、主にとち餅として食べられるほか、饅頭やせんべいなどに利用されます。

栃の実にはミネラルが比較的豊富に含まれており、そのなかで最も目立つのはカリウムです。カリウムには、ナトリウムが腎臓で再吸収されるのを抑制し、尿への排泄を促す働きがあることから、血圧を下げる作用があるとされ、高血圧を予防する効果があると考えられています。カリウムは煮ると30%ほど損失するため、煮汁ごと食べられる料理にするのがおすすめです。

ナトリウムも、細胞内外の物質交換や細胞の浸透圧、水分調節、体液のpH、神経の刺激伝達、心筋の弛緩促進など多くの大切な役割を担っていますが、日常的に過剰摂取すると生活習慣病を招くおそれがあるため、注意が必要です。

その他、カルシウムには骨の強化やイライラ予防、食物繊維には善玉菌の活性化、整腸作用、抗ガン、循環器疾患抑制の効果があると言われています。

栃の実の旬は秋で、乾燥させてから密閉容器に入れ、常温で保存すれば1ヶ月以上もちます。

[スポンサーリンク]

栃の実の人気&簡単レシピ

栃の実の調理法

アク抜きに多大な手間がかかる一方、湿疹やしもやけの緩和、胃腸の調子の改善、脂肪の抑制など、多岐にわたる効能の持ち主。そんな栃の実の調理法を伝授。食べるまでに費やした労力が報われるおいしさです。栃の実の苦みはサポニンとタンニンによるもので、これらには皮膚トラブルを助ける働きがあります。粉末状にしたものや煎液を、しもやけ、腫れ物、水虫などの治療に利用されてきたようですよ。

とちもちぜんざい

鳥取県中部の三朝町に伝わるという、正月の伝統料理です。栃の実と小豆汁が絶妙で、甘くてほろ苦い大人の味わい。栃の実に含まれるポリフェノールには、糖質の吸収を抑える働きがあり、血糖値上昇の予防に役立つ他、脂肪の吸収を抑制する効果も期待できます。

栃餅の作り方

アレンジ自在!栃餅がとっても簡単に作れます。あんこがお好きな方なら、あんこを包んであんこ餅にしてもOK。栃の実は冷えが原因の腹痛や、腹部膨満感に効くなど、胃の健康を保つ作用に優れ、中国では漢方として重宝されています。また、抗酸化作用を持つポリフェノールも含まれているので、美容面にも効果を発揮してくれます。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
6520 views