栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

ごぼうの効能とおすすめレシピ、食品成分表

ごぼうには、食物繊維が非常に多く含まれています。イヌリンやサポニン、アルギニンといった注目成分も含有しています。
その栄養効果として、便秘予防、腸内環境改善、利尿作用、ダイエット、むくみ解消や美肌などのアンチエイジング、血行改善、精力増強の効果などが期待できます。

ごぼうの効能

ごぼうで特筆すべきは、なんといっても野菜No.1と言われる食物繊維。含有量が多いだけではなく、水溶性と不溶性の両方の食物繊維をバランスよく含んでいます。更に水溶性食物繊維には多糖類のイヌリンが含まれています。イヌリンには、注目のダイエット効果だけでなく、腎臓の機能を高める効果もあります。また、腸内の善玉菌を活性化するオリゴ糖も含んでいるため、便秘の解消だけではなく腸内環境の改善も期待できます。

ごぼうの皮に豊富に含まれるサポニンはポリフェノールの一種で、抗酸化力が強く、老化(=酸化)を抑えるアンチエイジング効果があります。ポリフェノールを多く含む赤ワインの血液サラサラ効果はよく知られており、ごぼうにも同様の血行改善作用があります。

昔から「精力がつく」といわれているごぼうですが、これはアミノ酸の一種アルギニンやアスパラギン酸を含有しているからです。スタミナドリンクでお馴染みの成分で、滋養強壮や血流改善、脂肪燃焼、新陳代謝促進といった効能があるため、疲労回復やダイエットのサポート役として役立ってくれます。

ごぼうの栄養素

東洋医学の漢方では、ごぼうは解熱、解毒、利尿、排膿作用を持つ漢方薬とされています。
西洋医学においては、ニキビや腫れなど皮膚疾患の治療や利尿を促す民間薬として利用されてきました。
ごぼう(の根)は、世界では食べ物ではなく「薬」として使われてきたのです。

[スポンサーリンク]

ごぼうの人気&簡単レシピ

根の部分を食べるのは日本だけと言われているごぼう(牛蒡)は、キク科の野菜です。
ごぼうの旬は、5,6月と、11月から2月。主な産地は、東北や茨城、千葉などです。ごぼうの選び方は、太さが均一で、ひげ根が少なく、葉のつけ根がひび割れていないものが良いでしょう。

ごぼうの主な調理法は、きんぴら、かき揚げ、煮物などです。

きんぴらごぼう

フライパンで簡単 きんぴらごぼうhttp://cookpad.com/recipe/1743175

お母さんから受け継いだしっかりした甘辛味。切り方を工夫することで歯ごたえを、皮をこすりすぎないことでごぼうの風味と栄養分を残しています。柔らかめが好きな方はささがきにしてください。煮汁が少し残る程度に煮含めて火を止めた後、しばらくそのまま広げておくことで味がよく染み込みます。

鶏ごぼう

こってり旨い 鶏ごぼうhttp://cookpad.com/recipe/2423819

煮るより簡単!しかも旨い!フライパンで作る炒り煮です。ニンニクのパンチがアクセント♪多めの油で鶏肉を炒めた後は、フライパンの余分な油を拭き取ってからごぼうを炒めてください。

簡単きんぴら

簡単きんぴらごぼう 少しの工夫で料理上手http://cookpad.com/recipe/3288473

「料理が苦手な私がきんぴらごぼうなんて作れない…」という方は必見レシピ。ちょっと工夫を加えることで、品のあるおいしいきんぴらごぼうが出来上がります。具材の切り方や、調味料を加えるタイミングにコツあり。調味料と一緒に鷹の爪を加えるとピリ辛仕上げに♪

揚げごぼうの甘辛だれ

おつまみにおかずに!揚げごぼうの甘辛だれhttp://cookpad.com/recipe/2956637

簡単ながら、素材の美味しさがよくわかるひと品です。ごぼうをカリッと揚げた後は手際の良さがカギ。ごぼうを上げている間に、調味料をフライパンで溶かしておくのを忘れずに…。タレが焦げないようにくれぐれも気をつけましょう。

ごぼうの明太子和え

ごぼうの明太子和えhttp://cookpad.com/recipe/2045133

ごぼう好きのこどものために、お母さんが生み出したレシピです。ごぼうのニオイが苦手なこどもにも大人気!辛さを抑えたい場合は明太子じゃなく、タラコでもOK。オリーブオイルの代わりにバターを使うと、また違った味わいに仕上がります。

ゴボウとさつま揚げの和え物

ゴボウとさつま揚げの和え物http://cookpad.com/recipe/2841142

さつま揚げのごぼう天をヒントにしたレシピ。ごぼうとさつま揚げという、ちょっと珍しいコンビネーションです。調味料を合わせる際は最初にマヨネーズを入れ、ヘラで混ぜながら牛乳を少しずつ加え、他の材料を入れていくことで、分離してしまうのを防げます。甘さはハチミツの量で加減してください。

ごぼうとウィンナーのピラフ

ごぼうとウィンナーのピラフhttp://cookpad.com/recipe/758578

大切な栄養分が流れ出てしまうので、輪切りにしたごぼうは水にさらしません。ウィンナーの代わりに、ベーコンやハムでも美味しくできます。ハムを使う場合は、バター多めがおすすめ。一度食べたらヤミツキになる可能性大!可愛らしい見た目には、こどもも喜んでくれそうです。

ごまたっぷり・ごぼうサラダ

ごまたっぷり・ごぼうサラダhttp://cookpad.com/recipe/116617

ごまの風味たっぷり♪マヨネーズでこってり♪インターネットや雑誌であらゆるレシピを見ながら試行錯誤を繰り返した考案者が、最終的に辿り着いたのがこのレシピ。ようやく自分が納得できる仕上がりになりました。ごぼうとにんじんは弱めの中火から煮始め、好みの固さに近づいたら火を強めて汁気を飛ばします。煮た後は水分をしっかり切りましょう。

ごぼうのお漬物

自宅でポリポリ ごぼうのお漬物http://cookpad.com/recipe/1014160

自宅でポリポリ…。手が止まらなくなってしまいそう!お惣菜の定番、ごぼうのピリ辛いお漬け物を手作りしてみませんか?ごぼうは空気に触れると酸化酵素の働きにより変色してしまうので、切ったものからすぐに水か酢水にさらしていきます。ただし、さらしすぎには注意。せっかくの風味を台無しにしてしまうので、くれぐれも程々に。

キューちゃんとごぼうサラダ

簡単コリコリ☆キューごぼうサラダhttp://cookpad.com/recipe/1746391

市販されている「きゅうりのキューちゃん」を活用。ごぼうを茹でるときは熱湯に少々のお酢を加えることで、色よく仕上がります。味付けは市販のごまドレッシングを使えば簡単♪もちろんごまやマヨネーズなどを使って、自分で好きなように味付けしてもOKです。キューちゃんとごぼうのコリコリ食感を楽しめますよ♪

ごぼう茶

ごぼうの栄養を手軽に摂取できる「ごぼう茶」。茶殻まで食べないと不溶性食物繊維は摂取できませんが、お茶として飲むだけで水溶性食物繊維やサポニン、ポリフェノールをしっかりと摂取でき、十分な効能が期待できます。

  1. 便秘の解消
  2. アンチエイジング
  3. むくみの改善
  4. 冷え性を緩和
  5. 美肌効果

国産の手作り ゴボウ茶 2.5g×50包
ノンカフェインで妊婦にも優しく、かつ美味しいと評判のごぼう茶は、テレビでもよく紹介される話題の健康茶です。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
2837 views

不規則な食生活で、栄養の偏りが気になる方へ

ベースサプリメントから始めてみませんか
普段の食事では補い切れない栄養素を補完するベースサプリメントには、多種類のビタミンやミネラルなどがバランスよく摂取できるサプリメントが理想です。
体の中では様々な栄養素がお互いに協力しながら働いています。

ベースサプリにおすすめ!キユーピー 元気セブン
キユーピー 元気セブンのバナーimpキユーピー 元気セブン

科学的根拠に基づいた30種類もの栄養素がバランスされている元気セブン。この多種類バランスは、他のベースサプリを圧倒しています!
マヨネーズで有名なキユーピー初回半額 ⇒ 1日あたり58円なので、まずは試してみやすい商品ですね。
ビタミン・ミネラルの他、不足しがちなDHA&EPA、コンドロイチン硫酸、コエンザイムQ10などもバランスされており、野菜不足が気になる、魚を食べる機会が減っている、疲れやすく無理がきかなくなったと感じる、ツヤツヤ感や若々しさを維持したい、毎日の積み重ねで5年後・10年後に見違えたい、はつらつとした日々を過ごしたい方、などにおすすめです。