栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

カリフラワーの効能とおすすめレシピ、食品成分表

カリフラワーには、ビタミンCや鉄、カリウムが含まれています。
その栄養効果として、風邪の予防、便秘改善、貧血防止、高血圧や動脈硬化の予防、美肌効果などが期待できます。

カリフラワーの効能

カリフラワーには、レモンに匹敵するほどのビタミンCが含まれています。ビタミンCには抗酸化作用があり、疲労回復や風邪予防、ガン予防、美肌や老化防止に効果があります。カリフラワーのビタミンCは熱に強いので吸収効率が高く、茎にも更に多くのビタミンCが含まれているので、無駄なく食べるようにしましょう。

また、カリフラワーに豊富に含まれるカリウムには、血圧やコレステロールの上昇を抑制して、高血圧や動脈硬化、脳梗塞などを予防する効果が期待できます。さらにカリウムには腸内の筋肉を促進させる効作用があります。老廃物は排出されて便通が改善したり、体のむくみが解消されるなど、美肌やアンチエイジング効果が期待できます。

[スポンサーリンク]

カリフラワーの人気&簡単レシピ

カリフラワーはキャベツの変種で、別名、「はなやさい」「花キャベツ」と呼ばれます。
アブラナ科のカリフラワーの旬は、10月から2月。主な産地は、東京や茨城です。カリフラワーの選び方は、花蕾が固く締まったものが良いでしょう。

カリフラワーの主な調理法は、サラダ、酢漬、シチュー、グラタン、炒めものなどです。酢を入れて茹でると、白く茹で上がります。小麦粉を入れて茹でると、表面の組織が崩れずに保護されて茹で上がります。

カリフラワーのおすすめレシピ

カリフラワー
カリフラワーには、ビタミンCやカリウム、鉄分の他に、食物繊維やビタミンB群もしっかりと含まれています。ブロッコリーと比べると見劣りがしてしまいますが、栄養価もまずますの野菜と言えるでしょう。

カリフラワーマヨ

カリフラワーマヨhttp://cookpad.com/recipe/1424023

カリフラワーをエビマヨのイメージで仕上げました。カリフラワーは下ゆでなしで、小麦粉をつけて油で揚げてもOK。焦げやすくなるので、調味料を加えた後は手早さが大切です。ワインが進む一品です。

カリフラワーとベーコンのホットサラダ

カリフラワーとベーコンのホットサラダhttp://cookpad.com/recipe/2984480

ベーコンとニンニクの風味に粒マスタードがアクセントにきいた、温サラダ風カリフラワー。最後はフライパンに残ったオイルも一緒に加えて和えてください。味付けは好みで加減して。ワインビネガーはお酢で代用できます。半量をブロッコリーにすると、見た目もオシャレに仕上がりに♪

カリフラワーの土佐煮

カリフラワーの土佐煮http://cookpad.com/recipe/972287

洋のイメージが強いカリフラワーを、優しい味わいの和風仕立てにしてみました。よく煮込むと口に入れた瞬間、カリフラワーがほろり。鰹だしの旨みがじゅわり。さっと火を通すくらいにとどめると、カリフラワーの食感を楽しめます。

カリフラワーのカレーマリネ

カリフラワーのカレーマリネhttp://cookpad.com/recipe/242768

カリフラワーをカレー粉でメイクアップ!カレー粉を少なめにすれば小さなこどもにもぴったり、多めにすれば大人向けのピリ辛さに。カレー粉の量は好みで調節してください。大人もこどももヤミツキになるおいしさです。

カリフラワーとたまごのサラダ

カリフラワーとたまごのコク旨サラダhttp://cookpad.com/recipe/2878907

タンパクなカリフラワーが、コク旨なサラダに仕上がりました♪玉ねぎをちょっぴり加えることで、歯ざわりが一段とアップ!ただし、入れ過ぎると苦くなるので要注意。カリフラワーがあまり好きじゃないこどもも、完食してしまう一品です。

カリフラワーのかりかり揚げ

大人気♪カリフラワーのかりかり揚げhttp://cookpad.com/recipe/71765

せっかく旬の時期なのに、我が家ではタンパクさが不人気…。そんな悩みの中で主婦が考案したレシピ。濃いめに味付けた衣が、白いご飯を進ませます。そのままでもおいしいですが、好みでソースやケチャップ、めんつゆなどを合わせても♪

カリフラワーのそぼろ丼

カリフラワーのそぼろ丼http://cookpad.com/recipe/2419672

ひき肉たっぷりのそぼろ丼!おいしそうだけどカロリーがかなり高そう…と思ったら、食べてビックリ!そぼろの正体はみじん切りにしたカリフラワー。お肉が苦手な人や、カロリーを気にする人も、これなら安心しておいしく食べられます。冷めればちょうどよいですが、出来たてを食べるときは、調味料の量を少し控えて。

カリフラワーの唐揚げ風天ぷら

カリフラワーの唐揚げ風天ぷらhttp://cookpad.com/recipe/2904804

カリフラワーが唐揚げ風の天ぷらに早変わり!タンパクなゆえに副菜のイメージが強いカリフラワーも、こうすれば立派な主役になります。どうすればおいしく食べられるか悩んだときは、ぜひお試しください。天ぷら粉はやや固めに溶いておくこと、やや高めの温度に熱した揚げ油で短時間で揚げることがポイントです。

カリフラワーとトマトのサラダ

カリフラワーとトマトのサラダhttp://cookpad.com/recipe/2463865

シンプルそうに見えて、食べてみればちょっと変わった味がする!?そのヒミツはドレッシングに加えたメープルシロップ。コクある甘さと独特な風味によって、ひと味もふた味も違ったサラダに仕上げました。おかずでありつつ、まるでスイーツなひと品です♪

カリフラワーのポタージュ

カリフラワーのポタージュhttp://cookpad.com/recipe/3285344

カリフラワーを一気に一房消費!生クリーム不使用のヘルシーポタージュ。ミキサーでよく撹拌することで、よりなめらかに仕上がります。パセリ無しでも味には問題ありませんが、ちょっとトッピングするだけで目にもグンと美味しくなります。

カリフラワーのペペロンチーノ風炒め

カリフラワーのペペロン炒めhttp://cookpad.com/recipe/3247779

オリーブオイルを豊かに香らせ、鷹の爪の辛味をピリッときかせ、ペペロンチーノ風に仕上げたカリフラワー。お弁当のおかずにはもちろん、お酒のおつまみにもよく合います。カリフラワーは下ゆで済みなので、軽く炒めるだけで大丈夫。

カリフラワーのクリームチーズマヨサラダ

カリフラワーのクリームチーズマヨサラダhttp://cookpad.com/recipe/3232077

「カリフラワーが苦手な私でもおいしく食べれました!」と喜ぶレシピ考案者。「私もカリフラワーが苦手だけどおいしく食べてみたい!」というお方、ぜひお試しください。クリームチーズとマヨネーズでコクある味わい、レッドオニオンが目にも華やかな仕上がりです。

カリフラワーのクミンソテー

カリフラワーのクミンソテーhttp://cookpad.com/recipe/2962183

旬のおいしいカリフラワーに必要なものは、スパイスとオリーブオイル、そしておいしい塩だけでした。炒めるときに加える塩は味付けより水分を出すのが目的なので、ごくごく控えめに。塩加減は仕上げ段階で調節してください。カリフラワー本来の水気を利用して蒸し焼きにすることで、味がギュッと凝縮します。

カリフラワーと人参のカレーマリネ

カリフラワーと人参のカレーマリネhttp://cookpad.com/recipe/2409696

作りおきがきくひと品。…なのに、作るとあっという間になくなってしまうカレーマリネ。歯ごたえを残しても良し、柔らかくしても良し。茹でる時間を調節し、カリフラワーはお好みの固さにしてください。ブロッコリーを足すと、色合いがとってもキレイ♪

塩とゴマ油で作るカリフラワーのサラダ

塩とゴマ油だけ!カリフラワーのサラダhttp://cookpad.com/recipe/2930788

ジャッと炒めてドーンと乗せる!生でも美味しく食べられるカリフラワーを豪快に仕上げてみました。塩と胡麻油だけなのに、手間ひまかけたようなおいしさ。ポイントといえば、ニンニクが焦げないように気をつけるだけです。

カリフラワーの甘酢

カリフラワーの甘酢http://cookpad.com/recipe/3059682

素材の甘みを生かした酢のものです。ミツカンの「やさしいお酢」を使えば、その名の通り優しい味わいに。普通のお酢を使う場合は、みりんを加えて砂糖は少し多めがおすすめ。カリフラワーは茹ですぎず、少し歯ごたえを残しましょう。

カリフラワーのナムル

カリフラワーのナムルhttp://cookpad.com/recipe/2009449

さっぱりナムルでたっぷりカリフラワーを食べましょう♪塩と白だしを塩麹に代えると、味がよく染み込み、さらにおいしく仕上がります。カリフラワーの調理法に困ったときにもおすすめ。男の人にも好まれる味付けです。温かくても冷やしてもおいしいので、お弁当のおかずにもマル!

ミートソース風カリフラワー

カリフラワーdeミートソース風http://cookpad.com/recipe/2602628

こどもも大好きミートソース♪…に見せかけて、実はトマトで煮込んだカリフラワーです。みじん切りにしたカリフラワーをにんにく・玉ねぎと炒めて、トマトやコンソメなどの調味料を加えて煮込めば、マクロビ気分のミートソース風カリフラワーが完成!パンにもパスタにぴったりです♪

カリフラワーのみそ漬け

カリフラワーのみそ漬けhttp://cookpad.com/recipe/507169

お味噌に一晩漬け込むと、カリフラワーはどうなるか?答えは実際に作った人のみぞ知る。カリフラワーの歯ごたえの良さを楽しめます。味噌がついたまま、味噌煮込みうどんに入れるという食べ方もあり!漬け込む時間によって味の濃さが変化するので、日を追うごとに違った味わいになるのも、味噌漬けの醍醐味です。白いご飯にもお酒にもよく合います。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1574 views

不規則な食生活で、栄養の偏りが気になる方へ

ベースサプリメントから始めてみませんか
普段の食事では補い切れない栄養素を補完するベースサプリメントには、多種類のビタミンやミネラルなどがバランスよく摂取できるサプリメントが理想です。
体の中では様々な栄養素がお互いに協力しながら働いています。

ベースサプリにおすすめ!キユーピー 元気セブン
キユーピー 元気セブンのバナーimpキユーピー 元気セブン

科学的根拠に基づいた30種類もの栄養素がバランスされている元気セブン。この多種類バランスは、他のベースサプリを圧倒しています!
マヨネーズで有名なキユーピー初回半額 ⇒ 1日あたり58円なので、まずは試してみやすい商品ですね。
ビタミン・ミネラルの他、不足しがちなDHA&EPA、コンドロイチン硫酸、コエンザイムQ10などもバランスされており、野菜不足が気になる、魚を食べる機会が減っている、疲れやすく無理がきかなくなったと感じる、ツヤツヤ感や若々しさを維持したい、毎日の積み重ねで5年後・10年後に見違えたい、はつらつとした日々を過ごしたい方、などにおすすめです。