栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

ピータン(皮蛋)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

ピータンには、レシチンやルテイン、ビタミンA・B2、鉄が含まれています。

[スポンサーリンク]

ピータン(皮蛋)の効能

ピータンは通常アヒルの卵である鴨蛋から作られる卵の加工品で、炭酸ナトリウムや石灰、木灰などを混ぜた液に卵を殻ごと漬けてしみ込ませた後、もみ殻を混ぜた黄土を塗って卵を閉じ込めて熟成させます。

ピータンに含まれるレシチンには、神経組織や脳細胞に働きかけて記憶力を向上させる作用があるといわれています。また、カロテノイドの仲間であるルテインは、目の疲れに良いほか、老化を防いだりする作用があるといわれる抗酸化物質のひとつで、活性酸素を除去する働きがあると考えられています。

ビタミンAは皮膚や胃、喉、消化管、肺などに存在する粘膜を正常に保つ働きがあるといわれているため、免疫力を強化して感染症を予防する作用があると考えられています。

さらに、ビタミンB2は、三大栄養素であるタンパク質・糖質・脂質を分解してエネルギー転換する際の補酵素として作用したり、発生した過酸化脂質を分解して消去したりする働きもあるとされています。

ピータンの独特の香りが薄いものを好む人には、黄身がまだやわらかい青島皮蛋、きれいに切り分けたい場合は、熟成の進んだかためのタイプがおすすめです。冷暗所で保存すれば1年ほどもちます。

[スポンサーリンク]

ピータンの人気&簡単レシピ

ピータン豆腐

台湾料理屋さんでよく食べる一品。豆腐の水分が気になる場合は、30分ほど水切りしてください。ネギ無しでも美味しく、紫蘇なども合うですよ。

ピータンサラダ

コツは、タレをよく混ぜること。調味料は全て同量なので覚えやすいですよ。臭みも無く、剥くだけのピータンを使えばとても簡単に作れます。

ピータンとタレ

タレの分量は適当なので、お好みで調節してください。ネギやニンニクが好きなので、いつもこれより少し多めに入れてます。甘めが好きな方は、砂糖をもう少し加えても良いかもしれません。

ピータン粥

中華粥の黄金比は、米1に水10だと言われています。ごま油をまぶしておくと、お米が花のように開いてふっくらと膨らみます。

ピータンの剥き方

泥をとった際、殻にヒビが入っていたら食べないでください。炭酸ナトリウムで舌がピリピリするので、口の中に泥が入らないようにくれぐれもご注意を。

3.栄養成分表

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]