栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

葉生姜(谷中生姜)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

葉生姜には、ジンゲロールやショウガオールが多く含まれています。
その栄養効果として、夏バテ解消、抗菌・殺菌作用、がん予防、食欲増進、抗酸化作用、血行促進効果などが期待できます。

葉生姜(谷中生姜)の効能

葉生姜(谷中生姜)は、種しょうがが発芽してまもない若い芽を葉ごと収穫したものですが、実際には葉は食べずに大きく育つ前の根を食用とします。しょうがの辛味を残しつつもさわやかな後味で、主に甘酢漬けにして魚料理に添えたり、天ぷらにしたりしますが、きれいに洗った生の状態で味噌をつけて食べることもあります。

葉生姜は新しょうがや根しょうがに比べて辛味が少ないため、しょうがが持つジンゲロールやショウガオールといった成分の含有量は少なめですが、辛味成分のジンゲロールによる抗菌・殺菌作用やがん予防、食欲増進、血行促進といった効果や、香り成分のショウガオールによる抗酸化作用が期待できます。

また、しょうがには一般的に体を温める効果があるとされていますが、生で食べることによって逆に体を冷やす効果もあるため、夏バテ解消に有効といえます。

葉生姜の旬は6〜8月頃です。根が小さくみずみずしいものを選びましょう。
保存するときは、葉と根を切り離し、葉はビニール袋に、根はぬれた新聞紙で包んで冷蔵庫で保管します。

[スポンサーリンク]

葉生姜(谷中生姜)の人気&簡単レシピ

葉生姜の味噌マヨネーズ

辛い生姜、味噌の塩分をマヨネーズが和らげてくれるので、食べやすい♪辛いのが大丈夫な方は味噌だけでもOKです。味噌とマヨネーズは混ぜるとまた味が変わり、別々にした方が3つそれぞれの味を楽しめます。葉生姜には夏バテ解消や食欲増進に効果的な成分が含まれているので、暑い時期にもおすすめ。ただし、ビールの飲みすぎには要注意です!

葉生姜の巻き巻きフライ

葉生姜を豚肉で巻いてサッパリとしたフライに。しょうがで血行促進&豚肉で疲労回復!お肉は厚いものだと巻きにくく火も通りにくいので、薄切りを使ってください。おたふくソースやマヨネーズ、ごま味噌などお好みのものをつけて召し上がれ♪

葉生姜ご飯

簡単!おいしい!大好評♪旬の「久能葉生姜」を使用して作った葉生姜ご飯です。もちろん他の葉生姜でもOK。葉生姜には食欲を増進させたり、体を冷やしたりする効果があるので、夏バテ対策にもおすすめ。おいしい葉生姜の見分け方も参考になりますよ。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
3079 views