栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

チーズケーキの特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

チーズケーキとはチーズを使って作るケーキのことをいい、大まかな種類としては、温製のベイクド・チーズケーキと湯煎焼きのチーズスフレ、冷製のレア・チーズケーキに分けられます。

チーズケーキの特徴

チーズケーキは主に、温製のベイクド・チーズケーキと湯煎焼きのチーズスフレ、冷製のレア・チーズケーキに大別されます。また、ヤギのチーズを用い表面を真っ黒に焦がしたトゥルト・フロマージュや、クルミやクッキーを細かく砕いたもので表面を覆うズイバックチーズケーキといったものもあります。

チーズケーキは、紀元前776年の第一回古代オリンピックの期間中アスリートたちに振る舞われていたのが起源とされています。ギリシャのチーズケーキをヨーロッパ中に普及させたのはローマ人ですが、現在のチーズケーキとは味も見た目も異なっていたと考えられています。

現在のようなベイクド・チーズケーキの起源は、中世前期ポーランドのポドハレ地方にあるといわれており、トゥファルクという名の、生乳を軽く発酵して酸味のある真っ白なフレッシュチーズをふんだんに用いたセルニックというチーズケーキは、ここの住民でグラル人と呼ばれるスラヴ系の山の民の郷土食で、ポドハレ地方では現在でも各家庭のお茶菓子として日に数回も食されています。

数世紀のちに、ポーランドからの移民が持ち込んだレシピを元にアメリカにもチーズケーキが出現し、1872年には、フランスのヌーシャテルというチーズを再現しようとしていた牛乳屋がクリームチーズを新たに開発しました。

チーズケーキには、次のような種類と特徴があります。

ベイクド・チーズケーキ

オーブンできつね色になるまで焼いたもので、ニューヨークチーズケーキと呼ぶこともあります。型にクリームチーズやカッテージチーズ、マスカルポーネ、リコッタチーズなどのやわらかく塩分の少ないチーズと砂糖、卵黄、コーンスターチや小麦粉などをすり混ぜた生地を流し入れ、オーブンで焼き上げます。

レア・チーズケーキ

火を通さず、クリームチーズなどに生クリームを混ぜ合わせたものを冷やし固めたもので、クッキーを砕いて作ったクラスト生地を下に敷くこともあります。また、フィリングだけをババロアやムースのようにグラスに盛るグラス・チーズケーキもあります。バニラ・チョコレート・ヨーグルトなどさまざまな味付けがなされることもあり、イチゴやブルーベリーなどフルーツのトッピングが乗ることも多くあります。

チーズスフレ

卵白を泡立てて焼く口どけのよいスポンジタイプのチーズケーキです。日本ではスタンダードなチーズケーキですが、海外ではあまり見られません。海外では日本発祥のチーズケーキとされ、多くの場合、ジャパニーズ・スタイル・チーズケーキと称して売られていることが多くあります。

[スポンサーリンク]

チーズケーキのおすすめレシピ

チーズケーキ

ワンボウル♪混ぜるだけなので、コツがないくらいシンプルで簡単です。

スフレチーズケーキ

簡単に作れますが、気を付けるとすればメレンゲの泡立て方と、メレンゲを混ぜ込むときのチーズ生地の状態。とにかくこの二つさえ気を付ければ大丈夫です。

ヨーグルトとHMで簡単濃厚チーズケーキ

ヨーグルトなのでさっぱりと食べやすい♪レモン汁を少々入れるとさらにグッド!甘さ控えめなので、お好みでジャムや砂糖を加えても。冷蔵庫でひと晩寝かせると濃厚さアップ!

焼かない オレオチーズケーキ

砂糖は控えめです。バターは40gだとべちゃっとなりますが、敷き詰めやすく、固まるとしっかりさっくりに♪生クリームは固まり具合を左右するので、しっかり角が立つまで泡立てて。

炊飯器で焼く 簡単チーズケーキ

カロリーが気になる方は牛乳を、濃厚好きの方は生クリームを使ってください。砂糖とレモン汁の量はお好みで。

おすすめチーズケーキ1
ルタオ (LeTAO) チーズケーキ ドゥーブルフロマージュ

おすすめチーズケーキ2
まっ黒チーズケーキ フランス菓子工房 ラ・ファミーユ

もっとお探しになりますか?
Amazonで探す 楽天で探す
[スポンサーリンク]

チーズケーキの食品成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

ベイクドチーズケーキの食品成分部分をクリックすると開閉します。

ベイクドチーズケーキの成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 318kcal
水分 46.1g
たんぱく質 8.5g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (7.6)g
脂質 21.2g
トリアシルグリセロール当量 (19.1)g
飽和脂肪酸 (11.99)g
一価不飽和脂肪酸 (5.11)g
多価不飽和脂肪酸 (1.00)g
コレステロール 170mg
炭水化物 23.3g
利用可能炭水化物(単糖当量) (24.2)g
水溶性食物繊維 0.1g
不溶性食物繊維 0.1g
< 食物繊維総量 > 0.2g
灰分 0.9g
ナトリウム 180mg
カリウム 86mg
カルシウム 54mg
マグネシウム 9mg
リン 100mg
0.6mg
亜鉛 0.8mg
0.04mg
マンガン
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 170μg
ビタミンA(α-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) 99μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 180μg
ビタミンB1 0.04mg
ビタミンB2 0.24mg
ナイアシン(ビタミンB3) 0.1mg
ビタミンB6 0.04mg
ビタミンB12 0.3μg
葉酸(ビタミンB9) 19μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.68mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC 2mg
ビタミンD 0.6μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 1.0mg
ビタミンE(β-トコフェロール) Tr
ビタミンE(γ-トコフェロール) 0.2mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0mg
ビタミンK 10μg
食塩相当量 0.5g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
ベイクドチーズケーキのアミノ酸成分表(1) 可食部100g当たり
アミノ酸成分表(1) 単位: /100g
水分 46.1g
たんぱく質 8.5g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (7.6)g
イソロイシン (420)mg
ロイシン (770)mg
リシン(リジン) (630)mg
含硫アミノ酸:メチオニン (230)mg
含硫アミノ酸:シスチン (130)mg
含硫アミノ酸 <合計> (360)mg
芳香族アミノ酸:フェニルアラニン (430)mg
芳香族アミノ酸:チロシン (400)mg
芳香族アミノ酸 <合計> (830)mg
トレオニン(スレオニン) (380)mg
トリプトファン (120)mg
バリン (520)mg
ヒスチジン (230)mg
アルギニン (400)mg
アラニン (360)mg
アスパラギン酸 (740)mg
グルタミン酸 (1600)mg
グリシン (230)mg
プロリン (630)mg
セリン (530)mg
ヒドロキシプロリン
アミノ酸組成計 (8800)mg
アンモニア
剰余アンモニア
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
原材料配合割合から推計  
ベイクドチーズケーキの脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 46.1g
脂質 21.2g
トリアシルグリセロール当量 (19.1)g
脂肪酸総量 (18.10)g
飽和脂肪酸 (11.99)g
一価不飽和脂肪酸 (5.11)g
多価不飽和脂肪酸 (1.00)g
n-3系多価不飽和脂肪酸 (0.19)g
n-6系多価不飽和脂肪酸 (0.81)g
(4:0) 酪酸 (620)mg
(6:0) ヘキサン酸 (390)mg
(7:0) ヘプタン酸 (4)mg
(8:0) オクタン酸 (220)mg
(10:0) デカン酸 (480)mg
(12:0) ラウリン酸 (530)mg
(13:0) トリデカン酸 (15)mg
(14:0) ミリスチン酸 (1800)mg
(15:0) ペンタデカン酸 (190)mg
(15:0) ant ペンタデカン酸 (90)mg
(16:0) パルミチン酸 (5400)mg
(16:0) iso パルミチン酸 (45)mg
(17:0) ヘプタデカン酸 (110)mg
(17:0) ant ヘプタデカン酸 (78)mg
(18:0) ステアリン酸 (2000)mg
(20:0) アラキジン酸 (29)mg
(22:0) ベヘン酸 (12)mg
(24:0) リグノセリン酸 (10)mg
(10:1) デセン酸 (54)mg
(14:1) ミリストレイン酸 (170)mg
(15:1) ペンタデセン酸 (0)mg
(16:1) パルミトレイン酸 (300)mg
(17:1) ヘプタデセン酸 (55)mg
(18:1) <計> (4500)mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 (41)mg
(22:1) ドコセン酸 (0)mg
(24:1) テトラコセン酸 (1)mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 (0)mg
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 (0)mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 (0)mg
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 (720)mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 (120)mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 (0)mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 (3)mg
(20:2) n-6 イコサジエン酸 (9)mg
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 (16)mg
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 (6)mg
(20:4) n-6 アラキドン酸 (62)mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 (11)mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 (0)mg
(22:2) ドコサジエン酸 (0)mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 (2)mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 (17)mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 (0)mg
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 (35)mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
原材料配合割合から推計 
ベイクドチーズケーキの炭水化物成分表(1) 可食部100g当たりの利用可能炭水化物及び糖アルコール
炭水化物、糖アルコール 単位: /100g
水分 46.1g
単糖当量 (24.2)g
でん粉 (5.0)g
ぶどう糖 (0.2)g
果糖 (0.1)g
ガラクトース
しょ糖 (16.2)g
麦芽糖 (0)g
乳糖 (1.3)g
トレハロース
<計>(利用可能炭水化物) (22.8)g
ソルビトール(糖アルコール)
マンニトール(糖アルコール)
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
原材料配合割合から推計   

レアチーズケーキの食品成分

レアチーズケーキの成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 364kcal
水分 43.1g
たんぱく質 5.8g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (5.2)g
脂質 28.0g
トリアシルグリセロール当量 (25.7)g
飽和脂肪酸 (16.93)g
一価不飽和脂肪酸 (6.48)g
多価不飽和脂肪酸 (0.91)g
コレステロール
炭水化物 22.1g
利用可能炭水化物(単糖当量) (21.7)g
水溶性食物繊維
不溶性食物繊維
< 食物繊維総量 >
灰分 1.0g
ナトリウム 200mg
カリウム 94mg
カルシウム 100mg
マグネシウム 9mg
リン 69mg
0.2mg
亜鉛 0.4mg
0.03mg
マンガン
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 200μg
ビタミンA(α-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) 100μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 210μg
ビタミンB1 0.04mg
ビタミンB2 0.15mg
ナイアシン(ビタミンB3) 0.2mg
ビタミンB6 0.03mg
ビタミンB12
葉酸(ビタミンB9) 8μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.34mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC 2mg
ビタミンD
ビタミンE(α-トコフェロール)
ビタミンE(β-トコフェロール)
ビタミンE(γ-トコフェロール)
ビタミンE(δ-トコフェロール)
ビタミンK
食塩相当量 0.5g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
レアチーズケーキのアミノ酸成分表(1) 可食部100g当たり
アミノ酸成分表(1) 単位: /100g
水分 43.1g
たんぱく質 5.8g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (5.2)g
イソロイシン (250)mg
ロイシン (480)mg
リシン(リジン) (370)mg
含硫アミノ酸:メチオニン (120)mg
含硫アミノ酸:シスチン (60)mg
含硫アミノ酸 <合計> (180)mg
芳香族アミノ酸:フェニルアラニン (270)mg
芳香族アミノ酸:チロシン (220)mg
芳香族アミノ酸 <合計> (480)mg
トレオニン(スレオニン) (220)mg
トリプトファン (65)mg
バリン (320)mg
ヒスチジン (140)mg
アルギニン (260)mg
アラニン (270)mg
アスパラギン酸 (420)mg
グルタミン酸 (1200)mg
グリシン (370)mg
プロリン (600)mg
セリン (290)mg
ヒドロキシプロリン (120)mg
アミノ酸組成計 (6100)mg
アンモニア
剰余アンモニア
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
原材料配合割合から推計、ヒドロキシプロリン: (120) mg 
レアチーズケーキの脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 43.1g
脂質 28.0g
トリアシルグリセロール当量 (25.7)g
脂肪酸総量 (24.32)g
飽和脂肪酸 (16.93)g
一価不飽和脂肪酸 (6.48)g
多価不飽和脂肪酸 (0.91)g
n-3系多価不飽和脂肪酸 (0.16)g
n-6系多価不飽和脂肪酸 (0.75)g
(4:0) 酪酸 (890)mg
(6:0) ヘキサン酸 (560)mg
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸 (330)mg
(10:0) デカン酸 (700)mg
(12:0) ラウリン酸 (820)mg
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 (2700)mg
(15:0) ペンタデカン酸 (270)mg
(15:0) ant ペンタデカン酸 (130)mg
(16:0) パルミチン酸 (7400)mg
(16:0) iso パルミチン酸 (64)mg
(17:0) ヘプタデカン酸 (140)mg
(17:0) ant ヘプタデカン酸 (120)mg
(18:0) ステアリン酸 (2700)mg
(20:0) アラキジン酸 (47)mg
(22:0) ベヘン酸 (19)mg
(24:0) リグノセリン酸 (17)mg
(10:1) デセン酸 (73)mg
(14:1) ミリストレイン酸 (230)mg
(15:1) ペンタデセン酸 (0)mg
(16:1) パルミトレイン酸 (370)mg
(17:1) ヘプタデセン酸 (70)mg
(18:1) <計> (5700)mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 (59)mg
(22:1) ドコセン酸 (6)mg
(24:1) テトラコセン酸 (1)mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 (0)mg
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 (0)mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 (0)mg
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 (680)mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 (120)mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 (0)mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 (3)mg
(20:2) n-6 イコサジエン酸 (5)mg
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 (23)mg
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 (6)mg
(20:4) n-6 アラキドン酸 (36)mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 (10)mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 (0)mg
(22:2) ドコサジエン酸 (0)mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 (0)mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 (14)mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 (0)mg
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 (3)mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
原材料配合割合から推計 
レアチーズケーキの炭水化物成分表(1) 可食部100g当たりの利用可能炭水化物及び糖アルコール
炭水化物、糖アルコール 単位: /100g
水分 43.1g
単糖当量 (21.7)g
でん粉 (7.0)g
ぶどう糖 (0.1)g
果糖 (0.1)g
ガラクトース
しょ糖 (11.3)g
麦芽糖 (Tr)
乳糖 (1.8)g
トレハロース
<計>(利用可能炭水化物) (20.3)g
ソルビトール(糖アルコール)
マンニトール(糖アルコール)
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
原材料配合割合から推計   
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
388 views

不規則な食生活で、栄養の偏りが気になる方へ

ベースサプリメントから始めてみませんか
普段の食事では補い切れない栄養素を補完するベースサプリメントには、多種類のビタミンやミネラルなどがバランスよく摂取できるサプリメントが理想です。
体の中では様々な栄養素がお互いに協力しながら働いています。

ベースサプリにおすすめ!キユーピー 元気セブン
キユーピー 元気セブンのバナーimpキユーピー 元気セブン

科学的根拠に基づいた30種類もの栄養素がバランスされている元気セブン。この多種類バランスは、他のベースサプリを圧倒しています!
マヨネーズで有名なキユーピー初回半額 ⇒ 1日あたり58円なので、まずは試してみやすい商品ですね。
ビタミン・ミネラルの他、不足しがちなDHA&EPA、コンドロイチン硫酸、コエンザイムQ10などもバランスされており、野菜不足が気になる、魚を食べる機会が減っている、疲れやすく無理がきかなくなったと感じる、ツヤツヤ感や若々しさを維持したい、毎日の積み重ねで5年後・10年後に見違えたい、はつらつとした日々を過ごしたい方、などにおすすめです。