栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

たまご(鶏卵)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鶏卵には、アミノ酸やレシチンが多く含まれています。

[スポンサーリンク]

たまご(鶏卵)の効能

鶏卵の良質なタンパク質は、細胞を活性化して老化を防ぎます。

また、卵黄に含まれるレシチンは血中コレステロールを正常にして動脈硬化を予防し、レシチンの主成分コリンから作られるアセチルコリンには、アルツハイマー型認知症を予防する効果もあります。

生卵は消化吸収率が悪いので、胃にとどまる時間が少ない半熟で摂るのがおすすめです。半熟卵の吸収率は96%にもなります。

ほうれん草やマッシュルームと一緒に摂ると、鶏卵に含まれていないビタミンCと食物繊維を補うことができます。

[スポンサーリンク]

卵の人気&簡単レシピ

温泉卵

冷蔵庫の卵直行!失敗なし!もう市販品を買う必要なし!フタをして待ってる間が待ち遠しい…。厚手の鍋を使うことも一つのポイント。鍋から取り出した後、時間があれば余熱で4分ぐらいおくと完璧らしいので、焦らない心も大切です。

スクランブルエッグ

超ふわふわ♪まるでホテル朝食!ポイントは牛乳の量とフライパンの熱さ。さらにシェフから盗んだコツも公開。健康に欠かせない必須アミノ酸をバランスよく含んだ卵、野菜なんかを添えておひとついかが?

舞茸と玉子の炒め物

5分もかけずにもう一品。卵は溶きすぎず、炒め過ぎないことがポイント。舞茸もすぐに火が通るので、ササッと手早く炒めましょう。バターで炒めると風味アップ♪卵は風邪、脳の老化、生活習慣病などの予防に役立ち、もちもち肌にも一役買ってくれるので、毎日の食事にバランスよく取り入れていきたいですね。

スペイン風オムレツ

卵2個でふわっふわ♪ボリューム満点!だし巻き卵からヒントを得たスペイン風オムレツです。少ない卵でボリュームを出す秘密は、具材の切り方にあり。ひっくり返すときのコツをつかんで、ぜひキレイに仕上げてください。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]