栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

菊の効能とおすすめレシピ、食品成分表

菊には、カリウムや食物繊維、ビタミンCが含まれています。
その栄養効果として、眼精疲労の軽減、食欲増進、腸内環境正常化、生活習慣病予防、コレステロール値低下効果などが期待できます。

菊の効能

菊の主成分はタンパク質で栄養価はさほど高くありませんが、昔から目の疲れに効くといわれているほか、香り成分が食欲を高めて胃腸の働きをよくしたり、頭痛・生理痛を軽減させたりする効果もあるとされています。
また、次のような成分・効能もあると考えられています。

トリテルペン類・トリテルペンアルコール類

  • 鎮痛作用
  • 抗炎症作用

食物繊維

  • 腸内の善玉菌の増殖を促すことによって便の量を増やし、腸内環境を整える
  • コレステロールや老廃物を排出し、動脈硬化・糖尿病などの生活習慣病やがんを予防
  • 胆汁酸の分泌・産生を促してコレステロール値を低下

菊は、花びらの色が鮮やかでみずみずしいものを選びましょう。裏側のガクが緑色であるものほど新鮮です。
水分を含ませたキッチンペーパーなどに包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存すれば4日くらいは持ちますが、香りや色の鮮やかさは失われてしまいます。塩漬けや酢漬けにすれば長期保存が可能です。

[スポンサーリンク]

菊の人気&簡単レシピ

菊の花の下処理・おひたし

食用菊の下処理法を写真付きで細かく説明。生のままだと傷みやすい食用菊は、下処理を済ませてから保存しておいた方が安心です。火を通すときのコツから、簡単においしく食べられる方法も♪

菊の花入り酢の物(きゅうりとわかめ)

きゅうりとわかめの定番酢のものに、黄色が鮮やかな食用菊を加えて彩りプラス。さらに食用菊にはビタミンやミネラルなどが豊富に含まれているので、栄養価もグンとアップ!いつもの酢のものが、おもてなしにも喜ばれる仕上がりに。

菊の酢の物

抗酸化作用があるビタミンB群が豊富な菊の花の歯ごたえと香りを楽しめる一品。今までお湯で茹でるのが当たり前だと思っていた方、ぜひお試しください。ふっくらしながらシャキッと仕上げるコツは、茹で上がってからの一手間にあり!

菊とえのきの和え物

季節感あふれる簡単和えもの。白と黄色のコントラストが目にもキレイな一品です。茹でるときにはちょっと頭を使って、時間を少しでも節約しましょう。最後にパラリと振りかける胡麻の香りもおいしさのポイントです。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
881 views