栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

コーヒーシュガーの特徴とおすすめ商品、角砂糖・氷砂糖・粉糖・コーヒーシュガーなど加工糖の栄養成分表

コーヒーシュガーは氷砂糖にカラメル溶液を加えて作る、コーヒーのための砂糖です。そのため、カフェなどでコーヒーについてくるスティックシュガーとは全くの別物になります。

コーヒーシュガーの特徴

コーヒーシュガーは氷砂糖にカラメル溶液を加えて作る、コーヒーのための砂糖です。コーヒー豆を焙煎した際に失われる香味成分の代替としてカラメルが使われており、コーヒーの味や香りをより一層高める効果があるといわれています。そのため、カフェなどでコーヒーについてくるスティックシュガーとは全くの別物になります。

コーヒーシュガーは大粒であるため、コーヒーに入れてもすぐには溶けませんが、これこそがコーヒーシュガーの特性です。つまり、コーヒーシュガーを加えたコーヒーは、最初はコーヒーの苦味を味わいつつ、徐々に甘さの変化を楽しむという飲み方ができるのです。また、コーヒーのコクと風味を引き立たせるという利点もあります。

ちなみに、黒砂糖や三温糖は独特の風味が強いため、コーヒーにはあまり適していません。個人的には、ミルクコーヒーに黒砂糖を入れる「黒糖カフェオレ」のは好きです。

[スポンサーリンク]

コーヒーシュガーのおすすめ商品

おすすめ1
コーヒーシュガー 1kg(カップ印マーケット)
コーヒー本来の風味をいかし、まろやかな味に仕上げる珈琲糖(コーヒーシュガー)。温めたカップにこの珈琲糖を入れ、その上から熱いコーヒーを注ぎましょう。この珈琲糖の原材料は、日本産のグラニュー糖とカラメル色素です。

角砂糖・氷砂糖・粉糖のおすすめ商品

加工糖は、ざらめ糖やグラニュー糖などを材料として、成型、再結晶などの加工を行なった砂糖です。コーヒーシュガーの他に、角砂糖・氷砂糖・粉糖などがあります。

おすすめ2
フランス風角砂糖 (ホワイト) 箱 1kg
フランスの人々に愛されてきたタイプの角砂糖です。この角砂糖の原材料は、日本産のグラニュー糖。大小様々な砂糖の結晶で作った自然な形と素朴な風合いが特徴です。

おすすめ3
カップ印 氷砂糖クリスタル 1kg
氷砂糖は梅酒用として定番の砂糖です。梅酒以外の様々な果実酒(レモン酒、かりん酒など)にも使えます。この氷砂糖は使いやすいクリスタルタイプ。ロックタイプの氷砂糖と比較して粒径の大きさが均一で小さめです。原材料は、原料糖です。

おすすめ4
シュガーパウダー(粉糖) 500g
シュガーパウダー(粉糖))は、純度の高い砂糖を微粉状にしたものです。ケーキやマドレーヌ等にそのまま振り掛けてデコレーションにしたり、卵白やリキュール、レモン汁で溶いてフォンダンやアイシングにも最適な砂糖です。

[スポンサーリンク]

角砂糖・氷砂糖・粉糖・コーヒーシュガーの栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

角砂糖の食品成分部分をクリックすると開閉します。

角砂糖の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 387kcal
水分 Tr
たんぱく質 (0)g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 (0)g
トリアシルグリセロール当量
飽和脂肪酸
一価不飽和脂肪酸
多価不飽和脂肪酸
コレステロール (0)mg
炭水化物 100.0g
利用可能炭水化物(単糖当量) (105.0)g
水溶性食物繊維 (0)g
不溶性食物繊維 (0)g
< 食物繊維総量 > (0)g
灰分 0g
ナトリウム Tr
カリウム Tr
カルシウム Tr
マグネシウム 0mg
リン (0)mg
0.1mg
亜鉛 0mg
0.01mg
マンガン
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) (0)μg
ビタミンA(α-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) (0)μg
ビタミンA(レチノール活性当量) (0)μg
ビタミンB1 (0)mg
ビタミンB2 (0)mg
ナイアシン(ビタミンB3) (0)mg
ビタミンB6 (0)mg
ビタミンB12 (0)μg
葉酸(ビタミンB9) (0)μg
パントテン酸(ビタミンB5) (0)mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC (0)mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(β-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) (0)mg
ビタミンK (0)μg
食塩相当量 0g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
角砂糖の炭水化物成分表(1) 可食部100g当たりの利用可能炭水化物及び糖アルコール
炭水化物、糖アルコール 単位: /100g
水分 Tr
単糖当量 (105.0)g
でん粉 (0)g
ぶどう糖 (0)g
果糖 (0)g
ガラクトース (0)g
しょ糖 (100.0)g
麦芽糖 (0)g
乳糖 (0)g
トレハロース (0)g
<計>(利用可能炭水化物) (100.0)g
ソルビトール(糖アルコール)
マンニトール(糖アルコール)
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
炭水化物が全てしょ糖であると仮定して推計   

氷砂糖の食品成分

氷砂糖の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 387kcal
水分 Tr
たんぱく質 (0)g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 (0)g
トリアシルグリセロール当量
飽和脂肪酸
一価不飽和脂肪酸
多価不飽和脂肪酸
コレステロール (0)mg
炭水化物 100.0g
利用可能炭水化物(単糖当量) (105.0)g
水溶性食物繊維 (0)g
不溶性食物繊維 (0)g
< 食物繊維総量 > (0)g
灰分 0g
ナトリウム Tr
カリウム Tr
カルシウム Tr
マグネシウム Tr
リン (0)mg
0.1mg
亜鉛 Tr
0mg
マンガン
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) (0)μg
ビタミンA(α-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) (0)μg
ビタミンA(レチノール活性当量) (0)μg
ビタミンB1 (0)mg
ビタミンB2 (0)mg
ナイアシン(ビタミンB3) (0)mg
ビタミンB6 (0)mg
ビタミンB12 (0)μg
葉酸(ビタミンB9) (0)μg
パントテン酸(ビタミンB5) (0)mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC (0)mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(β-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) (0)mg
ビタミンK (0)μg
食塩相当量 0g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
別名: 氷糖 
氷砂糖の炭水化物成分表(1) 可食部100g当たりの利用可能炭水化物及び糖アルコール
炭水化物、糖アルコール 単位: /100g
水分 Tr
単糖当量 (105.0)g
でん粉 (0)g
ぶどう糖 (0)g
果糖 (0)g
ガラクトース (0)g
しょ糖 (100.0)g
麦芽糖 (0)g
乳糖 (0)g
トレハロース (0)g
<計>(利用可能炭水化物) (100.0)g
ソルビトール(糖アルコール)
マンニトール(糖アルコール)
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
別名: 氷糖
炭水化物が全てしょ糖であると仮定して推計   

コーヒーシュガーの食品成分

コーヒーシュガーの成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 387kcal
水分 Tr
たんぱく質 0.1g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 (0)g
トリアシルグリセロール当量
飽和脂肪酸
一価不飽和脂肪酸
多価不飽和脂肪酸
コレステロール (0)mg
炭水化物 99.9g
利用可能炭水化物(単糖当量) 105.2g
水溶性食物繊維 (0)g
不溶性食物繊維 (0)g
< 食物繊維総量 > (0)g
灰分 0g
ナトリウム 2mg
カリウム Tr
カルシウム 1mg
マグネシウム Tr
リン Tr
0.2mg
亜鉛 1.2mg
0.01mg
マンガン
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) (0)μg
ビタミンA(α-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) (0)μg
ビタミンA(レチノール活性当量) (0)μg
ビタミンB1 (0)mg
ビタミンB2 (0)mg
ナイアシン(ビタミンB3) (0)mg
ビタミンB6 (0)mg
ビタミンB12 (0)μg
葉酸(ビタミンB9) (0)μg
パントテン酸(ビタミンB5) (0)mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC (0)mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(β-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) (0)mg
ビタミンK (0)μg
食塩相当量 0g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
コーヒーシュガーの炭水化物成分表(1) 可食部100g当たりの利用可能炭水化物及び糖アルコール
炭水化物、糖アルコール 単位: /100g
水分 Tr
単糖当量 105.2g
でん粉 0.0g
ぶどう糖 Tr
果糖 Tr
ガラクトース
しょ糖 100.1g
麦芽糖 0g
乳糖 (0)g
トレハロース (0)g
<計>(利用可能炭水化物) 100.1g
ソルビトール(糖アルコール)
マンニトール(糖アルコール)
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定

粉糖の食品成分

粉糖の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 386kcal
水分 0.3g
たんぱく質 (0)g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 (0)g
トリアシルグリセロール当量
飽和脂肪酸
一価不飽和脂肪酸
多価不飽和脂肪酸
コレステロール (0)mg
炭水化物 99.7g
利用可能炭水化物(単糖当量) (104.7)g
水溶性食物繊維 (0)g
不溶性食物繊維 (0)g
< 食物繊維総量 > (0)g
灰分 0g
ナトリウム 1mg
カリウム 1mg
カルシウム Tr
マグネシウム Tr
リン 0mg
0.2mg
亜鉛 0mg
0mg
マンガン
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) (0)μg
ビタミンA(α-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) (0)μg
ビタミンA(レチノール活性当量) (0)μg
ビタミンB1 (0)mg
ビタミンB2 (0)mg
ナイアシン(ビタミンB3) (0)mg
ビタミンB6 (0)mg
ビタミンB12 (0)μg
葉酸(ビタミンB9) (0)μg
パントテン酸(ビタミンB5) (0)mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC (0)mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(β-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) (0)mg
ビタミンK (0)μg
食塩相当量 0g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
別名: 粉砂糖
顆粒糖を含む 
粉糖の炭水化物成分表(1) 可食部100g当たりの利用可能炭水化物及び糖アルコール
炭水化物、糖アルコール 単位: /100g
水分 0.3g
単糖当量 (104.7)g
でん粉 (0)g
ぶどう糖 (0)g
果糖 (0)g
ガラクトース (0)g
しょ糖 (99.7)g
麦芽糖 (0)g
乳糖 (0)g
トレハロース (0)g
<計>(利用可能炭水化物) (99.7)g
ソルビトール(糖アルコール)
マンニトール(糖アルコール)
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
別名: 粉砂糖
顆粒糖を含む
炭水化物が全てしょ糖であると仮定して推計   
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1447 views