栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

薬味酒の栄養とレシピ、食品成分表

薬味酒は、醸造酒または蒸留酒に、果実・香草・薬草・生薬などの香りやエキスを移したお酒のことを指すのが一般的です。類似の概念として、健康酒、薬酒、薬用酒などがあります。

[スポンサーリンク]

薬味酒の特徴

薬味酒とは、人参など薬効のある草根木皮などを浸した酒、あるいはアルコールに漢方薬を加えて味と香りをつけた酒などのことをいい、単に薬酒とも表記されます。

薬用酒もこれと似た意味を持ち、梅酒や人参酒、まむし酒、五加皮酒、枸杞酒、養命酒、陶陶酒、保命酒などがこれにあたります。これらの一部には、薬事法の適用を受けて薬用酒の医薬品として登録されているものもあります。

家庭で作る場合は、ホワイトリカーやブランデー、ワインなどが用いられることが多いようです。

[スポンサーリンク]

薬味酒の人気&簡単レシピ

アロエ酒

アロエだけでの味では飲みにくい方は、レモン一個を1cmくらいにスライスしたものを一緒に漬け込むと飲みやすくなります。

鬱金酒

もらったウコンを干して薬用酒を作りました。漬け込んだウコンも食べられるので、捨てないで使い切りましょう。

紅花薬酒

薬酒は有効成分をよく出すために、アルコール濃度の高い酒を使いましょう。紅花は、1日1〜2g量使用すれば血を養います。

養命酒ソーダ

なんだかカンパリソーダみたいな感じ♪養命酒は既定の量を守りましょう。

なつめのラム酒漬け

漬けてから10日目くらいで氷砂糖を入れ、一ヶ月後くらいが食べごろです。なつめは、心配性、不安感があり、悲しい、じっとしていられない、眠りの質が悪い方などにおすすめです。

【第2類医薬品】薬用養命酒 1000mL
保命酒 薬味酒 岡本亀太郎本店 720ml
陶陶酒 銀印 1000ml
陶陶酒 マカストロング 720ml
【第2類医薬品】薬用陶陶酒 銭形印(辛口) 720mL

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]