栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

薬味酒の特徴とレシピ、食品成分表

薬味酒は、醸造酒または蒸留酒に、果実・香草・薬草・生薬などの香りやエキスを移したお酒のことを指すのが一般的です。類似の概念として、健康酒、薬酒、薬用酒などがあります。

薬味酒の特徴

薬味酒とは、人参など薬効のある草根木皮などを浸した酒、あるいはアルコールに漢方薬を加えて味と香りをつけた酒などのことをいい、単に薬酒とも表記されます。

薬用酒もこれと似た意味を持ち、梅酒や人参酒、まむし酒、五加皮酒、枸杞酒、養命酒、陶陶酒、保命酒などがこれにあたります。これらの一部には、薬事法の適用を受けて薬用酒の医薬品として登録されているものもあります。

家庭で作る場合は、ホワイトリカーやブランデー、ワインなどが用いられることが多いようです。

[スポンサーリンク]

薬味酒の人気&簡単レシピ

アロエ酒

アロエだけでの味では飲みにくい方は、レモン一個を1cmくらいにスライスしたものを一緒に漬け込むと飲みやすくなります。

鬱金酒

もらったウコンを干して薬用酒を作りました。漬け込んだウコンも食べられるので、捨てないで使い切りましょう。

紅花薬酒

薬酒は有効成分をよく出すために、アルコール濃度の高い酒を使いましょう。紅花は、1日1〜2g量使用すれば血を養います。

養命酒ソーダ

なんだかカンパリソーダみたいな感じ♪養命酒は既定の量を守りましょう。

なつめのラム酒漬け

漬けてから10日目くらいで氷砂糖を入れ、一ヶ月後くらいが食べごろです。なつめは、心配性、不安感があり、悲しい、じっとしていられない、眠りの質が悪い方などにおすすめです。

【第2類医薬品】薬用養命酒 1000mL
保命酒 薬味酒 岡本亀太郎本店 720ml
陶陶酒 銀印 1000ml
陶陶酒 マカストロング 720ml
【第2類医薬品】薬用陶陶酒 銭形印(辛口) 720mL

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
649 views

不規則な食生活で、栄養の偏りが気になる方へ

ベースサプリメントから始めてみませんか
普段の食事では補い切れない栄養素を補完するベースサプリメントには、多種類のビタミンやミネラルなどがバランスよく摂取できるサプリメントが理想です。
体の中では様々な栄養素がお互いに協力しながら働いています。

ベースサプリにおすすめ!キユーピー 元気セブン
キユーピー 元気セブンのバナーimpキユーピー 元気セブン

科学的根拠に基づいた30種類もの栄養素がバランスされている元気セブン。この多種類バランスは、他のベースサプリを圧倒しています!
マヨネーズで有名なキユーピー初回半額 ⇒ 1日あたり58円なので、まずは試してみやすい商品ですね。
ビタミン・ミネラルの他、不足しがちなDHA&EPA、コンドロイチン硫酸、コエンザイムQ10などもバランスされており、野菜不足が気になる、魚を食べる機会が減っている、疲れやすく無理がきかなくなったと感じる、ツヤツヤ感や若々しさを維持したい、毎日の積み重ねで5年後・10年後に見違えたい、はつらつとした日々を過ごしたい方、などにおすすめです。