栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

がんもどき(ひろうす)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

がんもどきには、ダイズサポニンやイソフラボン、カルシウム、鉄、グリシニン、食物繊維が多く含まれています。
その栄養効果として、高血圧・動脈硬化・がんの予防、コレステロール値低下、抗酸化作用、肝機能強化、整腸作用、更年期障害改善効果などが期待できます。

がんもどき(ひろうす)の効能

がんもどきは大豆の加工品のひとつで、よく水切りした豆腐に山芋をつなぎにして練り込み、ささがきごぼうや刻んだにんじん、こんぶ、ぎんなん、ごまなどを混ぜ込んで油で揚げたものです。関東では「がんもどき」、関西では「ひろうす」または「ひりょうず」と呼ばれており、特に京都では惣菜として重要な食材です。

がんもどきは精進料理として生まれたもので、もともとは麸やこんにゃくなどを炒めたもののことでしたが、雁の肉に味が似ていることからこの名がついたといわれています。

がんもどきの主成分は大豆由来のタンパク質と脂質ですが、野菜をはじめ多くの食材が使われているため、同じ大豆の加工品である豆腐よりも栄養が豊富で、コレステロール値の低下、高血圧・動脈硬化・がんの予防、肝機能強化に役立つダイズサポニンや、更年期障害を改善するイソフラボン、コレステロール値を下げて血圧を正常化するグリシニン、整腸作用のある食物繊維のほか、カルシウムや鉄などもしっかり含まれています。

[スポンサーリンク]

がんもどきの人気&簡単レシピ

おとうふ工房いしかわ 大判ひろうす

がんもの煮物

よりおいしく仕上げるポイントは、油抜きを怠らないこと。面倒ですが、そのひと手間が味の染み込み方を大きく左右します。

がんもと大根のあっさり煮

大根が太いときは半月切りで。キレイな見た目に仕上げるコツは、裏返しなどを必要以上にしないこと。フライパンなど浅いお鍋を使うこともポイントです。

がんもと椎茸の煮物

煮込み加減が大きなポイント。がんもに椎茸のダシがしみ込むまで煮ると美味しいですが、煮すぎるとがんもが崩れてしまいます。他の具材は冷蔵庫にあるもので♪

がんもどきの和風チーズ焼き

お豆腐屋さんが教えてくれたレシピ。具だくさんのがんもどきにチーズたっぷりがおすすめです♪

手作りのがんもどき

やわらかい生地ですが、手にサラダ油を塗ると丸めやすくなります。大葉の代わりにネギや絹サヤなども美味しく、きのこ類も何でもOK。火が早く通るように、細く薄く切るといいですよ。

京風がんもの含め煮

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1768 views