栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

血糖値の上昇を緩やかにするぶどう糖の摂り方とは? ぶどう糖の効能と食品成分表

ぶどう糖は糖の中のひとつで、別名グルコースと呼ばれる単糖類です。
ぶどう糖の栄養効果として、エネルギー代謝、集中力アップ、疲労回復、精神安定などが期待できます。

ぶどう糖の効能

ぶどう糖は、特に動物の活動を支える重要なエネルギー物質のひとつであるため、摂取が不足すると、

  • 筋肉が痙攣する
  • 異常な空腹感を感じる
  • 集中力が低下し、あくびが出る
  • 目の焦点が合わない
  • 体に疲れを感じる
  • イライラが続く

といった症状が現われます。

とはいえ、過剰に摂取すると糖尿病のリスクが高まります。また、肥満の原因もぶどう糖の摂りすぎである可能性が高いため、適量の摂取が必要となります。

ぶどう糖の摂取量の目安は運動や脳を使う量によって変わってきますが、何もしなくても1日に約260gものぶどう糖を消費しているので、効率よく摂取することが肝心です。

その効率的な摂取の基本となるのが、炭水化物から摂取するということです。特にスローリリース食品と呼ばれるそば・大豆・玄米・果物などから摂ることでゆっくりとぶどう糖が摂取されるため、血糖値の上がり方を穏やかにすることが可能です。

[スポンサーリンク]

ぶどう糖の売れ筋商品


夢のくちどけ ぶどう糖 ボトル入Amazon

グルコレスキュー (ブドウ糖補給ゼリー)Amazon

全糖ぶどう糖(グルコース/デキストロース)Amazon

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
775 views