栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

餃子・焼売の皮の栄養と食品成分表

餃子・焼売の皮には、脂質、銅、パントテン酸などが含まれています。
その栄養効果として、エネルギー補給、成長促進、代謝促進効果などが期待できます。

餃子の皮の栄養

餃子の皮は薄力粉で作られるのが一般的です。一方、焼売の皮は餃子の皮と同じと思われがちですが、焼売は蒸し料理であるため、餃子の皮よりも薄く作られています。

餃子・焼売の皮は、炭水化物やタンパク質、脂質、銅、パントテン酸を含んでいるため、エネルギー補給・成長促進・代謝促進・ストレス緩和・皮膚や粘膜の健康維持などに効果を発揮すると考えられています。
餃子の教科書
餃子・焼売の皮は中途半端に余ってしまいがちですが、アレンジ次第でピザ・スープ・春巻・キッシュ・タコス・ラザニア・グラタンなど、さまざまな料理に利用できます。

[スポンサーリンク]

餃子の皮の人気&簡単レシピ

ジューシー餃子

包んだら早めに焼くか、急速で冷凍するのがポイント。水分が多くて外に漏れると焦げやすいので、口はしっかり閉じましょう。豚肉や卵は早めに冷蔵庫から出しておくと手が冷たくなりにくく、作業しやすいですよ。

餃子の皮で大葉チーズ巻き

チーズは溶けないタイプだと流れ出る量が少なく済みますが、とろけるタイプでもどちらでもOK。塩コショウはお好みで。

餃子の皮ピザ

具はもちろん何でもOK。玉ねぎとベーコンだけでも一丁前にピザ!玉ねぎの代わりにネギも合いますよ♪

餃子の皮でラザニア

パスタを茹でることなく、簡単にラザニア風を味わえます。じゃが芋はあらかじめレンジにかけて火を通しておくと、生煮えを防げます。

絶品餃子

何度も改良を重ね、ようやく行き着いた味。最後のごま油が風味良く、皮をパリパリに仕上げてくれます。

米粉で作った餃子の皮【小林生麺】

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1068 views