栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

馬肉の効能とおすすめレシピ、食品成分表

馬肉には、鉄やビタミンB12、グリコーゲン、ペプチド、カルノシンが含まれています。
その栄養効果として、貧血改善、解毒作用強化、スタミナ強化、高血圧の予防効果などが期待できます。

馬肉の効能

馬肉は熊本県・長野県が名産地ですが、競走馬のような軽種馬ではなく、体格の大きい重種馬が主に食用として飼育されています。熊本県では牛肉と同様に一般的に扱われ、馬刺しや、味噌で煮る桜鍋などが有名です。

馬肉は脂質が少ないうえに良質のタンパク質が豊富であるほか、貧血予防に有効な鉄や、血圧を下げる働きのあるペプチド、動脈硬化・糖尿病を予防するカルノシンも含まれています。

ほのかな甘味はグリコーゲンによるもので、スポーツやトレーニングの際には効率のよいエネルギー源になるほか、肝臓の解毒作用を強化し、疲労回復・スタミナ強化を促進します。

若い馬肉や切った直後の肉は桜色をしていますが、空気に触れるとすぐに暗赤色に変わります。手で触れると弾力と粘り気があり、やわらかいものを選びましょう。
保存の際は、空気に触れないようにラップでしっかり密閉してから冷凍します。

[スポンサーリンク]

馬肉の人気&簡単レシピ

馬肉ユッケ

長男が買って帰ってきた馬の赤身ブロック肉を、いろんな食べ方をしようと思い、ユッケのたれを息子と味見しながら調合。少し甘めが良いようです。

馬肉のバター醬油炒め

コツは火を通し過ぎないこと。強火でパパッと炒めてください。今では馬刺しで食べるよりハマってます。

馬肉(スジ)の煮込み

馬肉は一度煮てからサルに移して流水でキレイに洗うと、臭みが無くなります。圧力鍋を使い、すき焼きのたれと水で煮込むと柔らかくなりますよ。

馬肉鍋(さくら鍋)

味噌は辛めが合います。みりんや砂糖などを加えなくても、キャベツの甘みで鍋全体の味がまろやかに。塩加減は味噌によって違うので、お好みで加減してください。

馬肉の煮込み

味噌を入れすぎないように。煮込んで水分が少なくなったら、味見をして味を調えてください。脂身の多い肉を使うと、さらにトロトロに仕上がります。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1038 views