栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

いよかん(伊予柑)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

いよかんには、カリウムやビタミンC、食物繊維が含まれています。

[スポンサーリンク]

いよかん(伊予柑)の効能

いよかんは柑橘類の仲間で、見た目は温州みかんに似ていますが、それよりも多少大きく皮が厚めです。山口県萩市のみかん園で発見され、現在の愛媛県である伊予の国が育ちの地であることからこの名がついています。

いよかんに含まれるカリウムには、ナトリウムが腎臓で再吸収されるのを抑制し、尿への排泄を促す働きがあることから、血圧を下げ高血圧を予防する効果があると考えられています。

また、ビタミンCは免疫力を高める白血球の働きの強化や抗ストレス、メラニン色素の生成抑制、赤血球合成などの役割を担っています。

さらに、強い抗酸化力によって過酸化脂質の生成を抑制し、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などを予防する効果があるほか、発がん物質であるニトロソアミンの形成を抑制する働きもあります。

果実を包む袋や白い筋に含まれるヘスペリジンには、血圧の上昇を抑える作用や、血中の中性脂肪を減少させる効果などがあります。

いよかんは、丸みが十分で重みのあるものが良品です。皮の色がきれいなオレンジ色をしていてハリとつやがあるものを選び、傷があったり実がスカスカしたりしているものは避けましょう。

[スポンサーリンク]

いよかんの人気&簡単レシピ

いよかんサラダ

野菜もみかんもたっぷり食べられるサラダ。柑橘系の中でもいよかんは剥きやすく、サラダに使うのにもぴったり♪野菜はお好みのものを合わせていろいろ楽しんでみてください。いよかんはビタミンCが豊富なので、風邪予防にとしてもモリモリ食べましょう♪

いよかんピール

いよかんは果実のみならず、皮にも栄養たっぷり。毛細血管の壁を強くし、高血圧の予防や治療に有効な精油を含むいよかんの皮を、砂糖で煮込んでピールに♪乾燥は、冷蔵庫や天日干しでもOK。一気に煮詰めず、火を止め、冷まして、シロップを浸透させる感覚で作ってください。煮詰めるときは出来るだけ混ぜない方が崩れません。

いよかんマーマレード

無農薬のいよかんで作る体に安心なマーマレード。いよかんに含まれるクエン酸には、疲労回復や血をきれいにする効果を期待できます。パンに塗ったりヨーグルトにかけたり、何にでも合うので果実のまま食べるより毎日続けやすいですね。手間ひまをかける甲斐がある味と香りをお楽しみください。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]