栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

稗(ひえ)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

稗には、食物繊維やリン、カリウム、亜鉛、鉄が含まれています。
その栄養効果として、整腸作用、便秘解消、骨・歯の形成、生活習慣病予防効果などが期待できます。

稗(ひえ)の効能

稗は東アジアが原産とされるイネ科ヒエ属の一年生植物です。最大の特徴は寒冷地でも栽培できることで、「冷え」が名前の由来ともいわれています。野生種と栽培種があり、イヌビエ・タイヌビエといった野生種は田畑などに自生し、雑草として扱われています。

昔は主食として食べられていましたが、現在はうるち種が主流で、おかゆ・炊き込みご飯・スープなどに利用されています。

稗は白米に比べて栄養価が高く、特に食物繊維やミネラルが豊富です。

食物繊維は整腸作用があるため、便秘の解消に有効です。生活習慣病予防にも役立ちますが、そのためには、1日に成人男性で19g以上、成人女性で17g以上が摂取基準となります。

ミネラルは骨や歯の構成成分として重要であり、有機物と結合して体の組織をつくるのにも欠かせない栄養素であるほか、体の調節機能に働き、体の潤滑油としても大切な役割を担っています。
稗は冷暗所で保存するのが理想的です。賞味期限は約1年で、長期保存が可能です。

[スポンサーリンク]

稗の人気&簡単レシピ

稗の餃子

栄養満点な稗で餃子作り♪包みきれなかった分は丸めて焼いたり揚げたりすると、お弁当のおかずにも。稗は白米に比べて、鉄分は約2倍、カリウムは約3倍、さらにマグネシウムは約5倍で、食物繊維はなんと約8倍もの多さ。また、稗は栄養豊富な胚芽や皮の部分をそのまま残して使うため、精白米では失われてしまうビタミンやミネラルをしっかり摂取できるのも魅力です。

稗のナゲット

揚げ焼きするので油は少量でOK。カリッと仕上げるポイントは、衣に牛乳か豆乳を使うこと。油は高めの温度で揚げ焼きにすると、油っぽさを防げます。食物繊維豊富な稗には整腸作用があり、便秘解消効果も大!

稗のスープ

稗とれんこんの力でとろとろ♪鍋底にくっつきやすいのでかき混ぜながら煮てください。軟らかく煮ることで乳幼児さんも食べやすくなります。豊富な食物繊維により腸の中をキレイにしてくれる稗は、肌荒れやにきびなど肌トラブルにも働きかけ、美容の悩み解消にも役立ってくれます。いろんな具材を加えることで、栄養価もさらにアップ!

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1430 views