栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

川のり(川海苔)の栄養とレシピ、食品成分表

川のりには、ビタミンやナイアシン、パントテン酸、葉酸、カルシウム、リン、カリウム、β-カロテンが含まれています。
その栄養効果として、新陳代謝促進、ストレス緩和、貧血予防、抗酸化作用、生活習慣病予防効果などが期待できます。

川のりの効能

川のりはカワノリ科カワノリ属の淡水の藻類で、渓流の岩石に着生するため、川のりとして食用にしますが、取れる量が少なく大変貴重な食材です。佃煮や吸い物の具などに利用されるほか、板海苔にしたものを海苔巻きにしたり、炙って醤油をつけたりして食べます。
川のりには、次のような栄養素が豊富に含まれています。

ビタミンB1

糖質の代謝を助けてエネルギーを作り出し、疲労回復に役立ちます。

ビタミンB2

細胞の新陳代謝を促進し、皮膚や粘膜の機能維持や成長に役立ちます。

ナイアシン・ビタミンB6

皮膚や粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせたりします。

パントテン酸

動脈硬化を予防し、ストレスをやわらげる働きがあります。

葉酸・ビタミンB12

貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや新しい赤血球を作り出すために欠かせないビタミンです。

ビタミンE

抗酸化作用によって活性酸素の発生や酸化を抑え、動脈硬化や皮膚・血管の老化を防いで免疫力を高めます。

カルシウム・リン・マグネシウム

骨・歯の構成に必要なミネラルです。

カリウム

利尿作用があるほか、疲労回復や高血圧予防に役立ちます。

β-カロテン

強い抗酸化作用によって活性酸素の発生や酸化を抑え、ダメージを受けた細胞を修復するほか、動脈硬化やがんの発生を予防します。

[スポンサーリンク]

川のりの人気&簡単レシピ

川のり天と大根おろしのさっと煮

煮詰まり具合によって味が変わってきます。必ず味見をし、醤油で好みの味加減に調えてください。

桜海老と蓮根と川海苔のかき揚げ

桜葉は香りが強いので、少なめでちょうどよいです。菜の花や桜の花を入れると、揚げたら茶色くなって姿を消してしまいました…。

あさりだしの七夕そうめん

あさりは砂を吐かせ、丁寧に洗ってください。玉子焼きは市販のものを使用。つゆはボウルに氷水を用意し、鍋をのせて冷やしています。粗熱さえ取れれば、冷蔵庫で冷やしてもOK。

あさりの卵とじ丼

薄味に仕上げ、あさりから出るたっぷりなうまみを堪能しましょう。とても優しく、味わい深いおいしさです。

コンソメ風味のカリフラワー雑炊

カリフラワーは前もって茹でておき、小房に分けたものを使いました。雑炊のバリエーションに困ったときはぜひお試しください♪

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
597 views