栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

きりたんぽの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

きりたんぽには、脂質、銅、マンガンが含まれています。
その栄養効果として、代謝促進、免疫力強化、運動機能の維持などが期待できます。

きりたんぽの効能

きりたんぽは秋田県の郷土料理です。つぶしたご飯を杉の棒に巻きつけて焼いたものを「たんぽ」、それを串から外して食べやすく切ったものを「きりたんぽ」といいます。

江戸時代後期に、短穂の槍の一端を切り落とした形に似ていることから「きりたんぽ」と呼ばれ、以来この名称がそのまま用いられるようになったといわれています。だし汁に入れて煮込んだり、味噌をつけて焼きそのまま食べたりするのが一般的です。

きりたんぽは、脂質、銅、マンガンを含んでいるため、代謝促進、免疫力強化、運動機能の維持といった効果が期待できます。

[スポンサーリンク]

きりたんぽの人気&簡単レシピ

きりたんぽ鍋

家庭によって作り方に秘訣あり!?比内地鶏のきりたんぽスープ、ささがきごほうを使えばクイック料理♪是非、新米で作ってみてください。

きりたんぽ玉

ご飯は炊きたてでも冷たくてもOK。みたらしより大きく、ピンポン玉より小さいサイズです。オーブンに入れている間に鍋の用意をすれば、時間短縮になりますよ。

きりたんぽの肉巻き

肉はバラスライスが巻きやすいですが、油っぽさが気になるようなら、豚肩ロースの切り落としの大きめのもので。豚肩だと歯応えもあり、満腹になります。

手作りきりたんぽ

ご飯を割り箸につけるときは、下の方に多めにご飯を持ってきて、上に移動させるようにするのがコツ。焼くときにクッキングペーパーなどを敷いて焼いてもOK。鍋には斜め半分に切って入れると美味しいです。

きりたんぽの甘味噌焼き

焦がさないように要注意!しっかり焼くと、きりたんぽ鍋にも使えます。炊きたて新米が理想的。味噌はご家庭にある甘味噌などでもOKです。

きりたんぽ だまこ餅鍋セット

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
572 views