栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

からしなの効能とおすすめレシピ、食品成分表

からしなには、βカロテンやビタミンB群・C・K、カリウム、鉄、カルシウムが含まれています。
その栄養効果として、免疫力アップ、貧血・高血圧・骨粗鬆症の予防、疲労回復、美肌効果などが期待できます。

からしなの効能

からしなに豊富なβカロテンやビタミンCには抗酸化作用があり、生活習慣病や老化の原因となる活性酸素の働きを抑える作用や免疫力向上効果、美肌効果などが期待できます。

また、ビタミンB群も豊富で、体の代謝活動を促進し疲労回復を助けます。特に葉酸の含有量は野菜類のなかでもトップクラスで、貧血を防いだり、循環器疾患を予防したりする働きがあります。

さらに、同じく豊富なカリウムが高血圧を予防し、カルシウムはビタミンKと協調して骨粗鬆症を予防します。

からしなにはアブラナ科に共通の成分であるグルコシノレートが含まれており、これが噛むことで野菜の細胞内に含まれる分解酵素と混じり合い、抗ガン作用のあるイソチオシアネートという物質に変化することから、ガン予防効果も期待できます。

からしなは辛味が人気の葉菜ですが、辛味成分のシニグリンには胃液の分泌を促し、食欲を増進させたり消化を助けたりする働きがあります。

からになに含まれるとされる生理機能成分を紹介します。

ルテイン

カロテノイド色素の一種で、活性酸素を消去し、老化やガンを予防します。老化に伴う視力低下の予防にも効果を発揮します。

グルコシノレート

解毒機能を強化し、発ガン物質を体外に排出するため抗ガン作用があるとされています。酵素によってアリルイソチオシアネート類に変化します。

S-アルキルシステインスルフォキシド

ビタミンB1の吸収を高めてその機能を強化し、エネルギー代謝を活性化して疲労回復を促進します。コレステロール値を低下させる作用もあるとされています。

MATS(メチルアリルトリスルフィド)

強い抗酸化作用でガンを予防したり、血栓を防ぐ作用があります。

[スポンサーリンク]

からしなの人気&簡単レシピ

からしなは別名「葉がらし」「菜がらし」と呼ばれます。英語では「リーフ・マスタード」と言い、ピリッと辛味の利いた葉菜で、独特の香りも持っています。

アブラナ科のからしなの旬は、12月から5月。主な産地は、からしなの選び方は、濃い緑色でつやがあり、葉先がピンとして肉厚のものが良いでしょう。

保存方法、湿らせた新聞紙に包んで袋に入れ、立てて冷蔵庫の野菜室で保存します。

からしなの主な調理法は、炒め物や和え物、漬物、おひたしです。

おすすめレシピ

沖縄料理・フーチキナー(麸とからし菜の炒め物)沖縄料理・フーチキナー(麸とからし菜の炒め物)

お麩のフワフワ感とからしなの食感を楽しめる一品。からしなの茎は2センチほど、小さめの方が食感良く仕上がるようです。

大人の為のからし菜ゴマ炒めからし菜ゴマ炒め

苦くて手をつけられなかったからし菜が、ゴマと鶏ダシで炒めれば美味しく大変身!芯は最初にしっかり炒めておくのがコツ。冷めるとお浸しのようになり、また違った美味しさに♪大人向けの味付けです。

からし菜の白和えからし菜の白和え

簡単な材料でささっと作れる白和えです。ポイントはからしなを茹でて水にさらした後、水気をしっかりと絞ること。水気が残っていると、べちゃっとした水っぽい仕上がりになってしまいます。

からし菜と鶏ささみの中華ごまあえからし菜と鶏ささみの中華ごまあえ

苦味の強いからしなを中華風にすることで、誰にでも食べやすい味に仕上げました。ヘルシーなささ身と合わせて♪胸肉でも美味しいですよ。時間が経つとからしなから水気が出てきてしまうので、出来上がったらなるべく早く食べましょう。

沖縄料理 カラシナ炒め沖縄料理風 カラシナ炒め

からしなを茹でなくても柔らかくできてビックリ!塩でもんだ後はそのまま置くと塩辛くなってしまうので、必ず10分以内に水で洗ってください。スパム入りでボリューム満点♪

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
770 views