栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

れんこんの効能とおすすめレシピ、食品成分表

れんこんには、ビタミンCやカリウム、カルシウム、マグネシウム、食物繊維が含まれています。
その栄養効果として、胃の保護、健胃、高血圧改善、風邪予防、便秘改善、滋養強壮、美肌効果などが期待できます。

れんこんの効能

れんこんは、ビタミンCを豊富に含みます。そして、れんこんのでん粉がビタミンCを壊れにくくするので、有効に摂取できます。ビタミンCはコラーゲンの生成を促し、皮膚の新陳代謝を活発にするため、シミやそばかす、肌荒れを防ぎ、美肌効果も期待できます。ビタミンCには脂質の酸化を防止する抗酸化作用があるので、免疫力を強化し、風邪や動脈硬化・糖尿病などの生活習慣病を予防します。

れんこんを切ると糸を引くのは、ネバネバ成分の水溶性食物繊維が含まれているためで、胃の粘膜を保護して胃潰瘍を予防するとともに、たんぱく質の吸収を高めるため滋養強壮に効果があります。また、コレステロールや糖分の吸収を抑制する働きもあります。

また、高血圧を改善するカリウムや、便秘を防ぐ食物繊維も含まれています。

れんこんの切り口を変色させるのはポリフェノールの一種のタンニンで、ビタミンCと同じく抗酸化作用があるため、活性酸素を消去し、ガンを予防します。殺菌作用もあります。タンニンには粘膜の消炎・止血作用もあり、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・鼻血などの予防に効果があるほか、下痢やのどの痛みの緩和、二日酔い防止にも有効です。

漢方では、れんこんの節に利尿作用があるとされ、干して保存しておいたものを煎じると、むくみの解消に役立つとされています。
れんこんをかぶやごぼうと一緒に摂ると、胃腸を整えるのに役立ちます。

[スポンサーリンク]

れんこんの人気&簡単レシピ

れんこん(蓮根)は、ハス(蓮)の地下茎で、池や沼で栽培します。穴が開いているので、見通しが効くという縁起をかついで、正月のおせち料理にも使われます。

スイレン科のれんこんの旬は、11月から2月。主な産地は、茨城や徳島などです。れんこんの選び方は、切り口の穴が小さめで黒くなっておらず、全体はずんぐりと丸く太くて重みがあり、乾いたり汚れていないものが良いでしょう。

保存方法は、泥つきのまま、ぬらした新聞紙に包んで冷蔵庫で保存します。切り分けてあるものは、切り口にラップを密着させて包み、冷蔵庫に入れて保存します。

れんこんの主な調理法は、きんぴら、酢の物、煮物、揚げ物、辛子れんこんなどです。酢を加えて茹でると白くなり、歯切れがよくなります。

おすすめレシピ

シャキシャキ蓮根とひき肉のはさみ焼きれんこんとひき肉のはさみ焼き

揚げずに焼くから簡単ヘルシー♪蓮根とひき肉の量は切り方や詰め具合によって調節してください。ひき肉が柔らかすぎるようなら、様子を見ながら片栗粉を加えて。大きな蓮根を使った場合は、食べやすい大きさに切ってから盛り付けると親切♪非常に豊富なビタミンCを含むれんこんは、かぜ予防にも効果的です。

薩摩芋とレンコンのデパ地下風れんこんとさつまいものデパ地下風

デパ地下のお気に入りメニューをアレンジ!フライパンでカリッと焼いた根菜に、甘酢しょうゆを絡めて♪れんこんを厚めに切ると、シャキシャキ感を楽しめます。しし唐やパプリカなどを炒め合わせると彩りもキレイ。れんこんとさつまいもはどちらも食物繊維豊富なので、便秘解消にも。

蓮根のきんぴられんこんのきんぴら

ピリ辛しっかり味の蓮根きんぴら。手軽に作れるので、もう一品にもお役立ち♪変色防止のためにはアク抜きが欠かせないれんこん。でも実はこのアクには消炎止血作用があるポリフェノールが含まれ、胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効果的だとされています。色さえ気にならなければ、アク抜きなしでも問題ありませんよ。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
779 views