栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

舞茸の効能とおすすめレシピ、食品成分表

舞茸には、β-グルカンやビタミンD、食物繊維が含まれています。
その栄養効果として、免疫力強化、がん予防、鉄の吸収促進、整腸作用、骨の強化、美肌効果などが期待できます。

舞茸の効能

舞茸には、免疫力を高めるβ-グルカンがタンパク質と結合し、水に溶けない形で含まれているため、がんの予防効果が注目されています。

X-フラクションには、インスリンの働きを正常に保つ働きがあるため、糖尿病などの予防に有効です。漢方でも血糖値や血圧の正常化を助けるとして重用され、高血圧・動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞などの生活習慣病予防に役立ちます。

また、豊富なビタミンDがカルシウムの吸収を助けて骨や筋肉を丈夫にするほか、チロシナーゼ阻害物質が皮膚にメラニン色素ができるのを防ぎ、シミ・そばかすを予防して美肌をつくります。

さらに、D-フラクションによる免疫力強化や、グリホリンによる抗がん作用、食物繊維による整腸作用などにも期待が持てます。

舞茸は、軸がしっかりと締まっていてかさにつやがあり、割れていないものを選びます。湿っぽいものやしなびているものは避けましょう。
保存の際は、空気に触れないように密封して冷蔵庫に入れます。きのこのなかでは日もちがよいほうなので、3〜10日は保存が可能です。

[スポンサーリンク]

舞茸の人気&簡単レシピ

舞茸のダイエットレシピ

痩せる食材の組み合わせでおいしくダイエット!丸ごと玉ねぎのボリュームと濃いめの味付けでお腹満足♪舞茸に含まれるダイエットに効果的な成分は、熱で分解されて流れるので汁も必ず飲みましょう。加熱し過ぎは禁物です。

舞茸と人参のきんぴら

七味がピリリ♪食物繊維たっぷり♪噛みごたえあり♪早食いや食べ過ぎをコントロールしやすく、ダイエット中の方や箸休めにおすすめです。すりごまをたっぷりかければ、栄養価も風味もグンとアップ!

わかめと舞茸の中華スープ

舞茸の旨みにごま油が香る中華スープ。舞茸には、カルシウムの吸収をサポートし、骨や筋肉を丈夫にする成分が含まれています。お味噌汁をあまり飲まないお子さんにもぜひ勧めてみてください。

舞茸のソテー

タンパク質、ビタミン類、食物繊維などの体に必要な栄養が豊富で、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病予防に効果的。そんな舞茸をおいしく食べるならこのレシピ。タレとバターがジュワーっと絡む舞茸、たまりません。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
627 views